topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

ハーバード式診断テクニック

ハーバードシキシンダンテクニック

ごく普通の症状に隠された驚くべき病気を的確に判断

亀山元帥著

症状だけを見るのではなく患者さんの身体全体を診る「ハーバード式診断法」。すなわち患者さんの話をじっくり聞いて(問診)、患者さんの身体を目で診て(視診)、身体の声をよく聞き(聴診)、触れる(触診)という、あまりにも当たり前な医療の原点に立ち返ろうと、著者は提唱する。

主な内容

プロローグ これが米国・ハーバード大学式「診断テクニック」だ
1.風邪によく似た症状に患者も医者もだまされる
2.怖い脳の疾患が潜む「嘔吐」は医者にとっては油断できない症状
3.誰も知らない、誰も言わない大切な医者のインスピレーション
4.ありふれた薬による副作用が診断の思わぬ落とし穴に
5.診断は「なぞなぞ」と同じ答えがわかってしまえば簡単に見えるが……
6.たった一つの聴診器があれば最新機器でもわからない病気が解明できる

詳細な目次のページを開く

ハーバード式診断テクニック
価格
1620円(本体1500円)
判型
四六判上製
頁数
192 頁
発行日
2004/7/21
ISBN
4-87795-058-3
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

症状だけを見るのではなく患者さんの身体全体を診る「ハーバード式診断法」

 ハーバード大学式『鑑別診断法』を簡単に説明すると、患者の症状から病気の診断を下す際、その症状を起こし得るあらゆる疾患の可能性をまず考え、すべての病気を網羅した上で一つずつていねいにふるいにかけ、最後に医学的証拠に基づいて確定診断を導くという診断法である。
 このハーバード大学の改革は、別の視点から言えば、症状のみを見るのではなく、患者さんの身体全体を診ようということ。すなわち患者さんの話をじっくり聞いて(問診)、患者さんの身体を目で診て(視診)、身体の声をよく聞き(聴診)、触れる(触診)という、あまりにも当たり前な医療の原点に立ち返ろうという提唱だと考えてもいいだろう。 プロローグより

プロフィール

亀山元帥(かめやまげんすい)

医学博士。

Gensui Kameyama, M.D.,Ph.D.

世界医師会長・坪井栄孝博士や野口英世博士らを輩出した医学部の名門・日本医科大学を首席で卒業、最優秀賞受賞。

日本医科大学大学院博士課程修了後、 英国・オックスフォード大学、米国・ハーバード大学に留学。医学博士

平成10年 日本赤十字最高勲章受章

専攻 : 内科学

企業顧問医師(産業医)資格所有

東京・成城に在住