topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

気絶するほど「ほめる子育て」

シンソウバン キゼツスルホドホメルコソダテ

現場カウンセラーが教える 子どものほめ方のコツ—上手な子育てQ&A

高橋愛子著

「ほめて育てる」ことこそ、子育ての基本です。子どもは、大好きな親から、長所も短所もある自分をあるがままに受け入れてもらい、ほめ言葉をかけてほしいのです。それによって、お母さんに愛されている、支えられていると実感できるのです。成長段階に応じた上手なほめ方、こんなときどうする・上手な子育てQ&Aなど

主な内容

1章 子どもを伸ばすほめ方、ダメにするほめ方とは
2章 どうしたら“ほめる力”が身に付くか
3章 親子の絆が思春期を決める
4章 こんなときどうする・上手な子育てQ&A

詳細な目次のページを開く

気絶するほど「ほめる子育て」
価格
1404円(本体1300円)
判型
四六判
頁数
216 頁
発行日
2005/5/30
ISBN
4-87795-073-7
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

子どもに生きる力を与える

「がんばってね」「いい子だね」「お利口ね」「えらいわね」
 私たち親は、子どもを励ますつもりで、こんなほめ言葉をよく使います。しかし、どれも、子どもがいいことをしたと評価している間違ったほめ方なのです。これでは、子どもの心に生きる力や困難を乗り越えるエネルギーを与えてあげることはできません。
 不登校になりかけていたA子ちゃんは、エネルギーを失いかけながらも何とかがんばって通学していました。そんなA子ちゃんにとって、お母さんの「がんばってね」という言葉は、ますます自分を追いつめることになりました。

続きを読む

プロフィール

高橋愛子(たかはしあいこ)

昭和13年東京生まれ。三男一女の母親。慶應義塾中等部から慶應義塾大学経済学部卒業。昭和58年に「高橋愛子家庭教育研究所」を設立。家族が笑顔を取り戻す「心の相談室」を主宰。引きこもりや家庭内暴力等にも取り組む。家庭学級、保育園、学校、各種団体、企業等で教育講師、講演者として活躍。『たけしの日本教育白書』『太田光の私が総理大臣になったら』などTV主演も多数。主な著書に『頭がいい親の上手な叱り方』(コスモ21)『甘えさせると子どもは伸びる』(PHP新書)他がある。