topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

ダンテの死後世界日記 地獄篇

ダンテノシゴセカイニッキ ジゴクヘン

超訳 小説で読む「神曲」

チェ・スン編著/谷島誠、佐藤正人共訳

ダンテが目撃した死後世界の真実の姿!

ダンテは尊敬する古代ローマの詩人ウェルギリウスに導かれ、九つの層からなる地獄で、死後の罰を受ける魂たちの間を遍歴。ヨーロッパ史上最高傑作といわれながら、難解ゆえに読者を遠ざけてきたが、見事な口語訳で、偉大なる詩人ダンテが目撃した死後世界の真実の姿が今、目の前に甦る。

主な内容

地獄の門をくぐって地獄の底まで降りていく。そこは、「邪淫」「貪欲」「欺瞞」……と地上での罪に応じて第一圏から第九圏まで分かれていた。

詳細な目次のページを開く

ダンテの死後世界日記 地獄篇
価格
1728円(本体1600円)
判型
四六判
頁数
344 頁
発行日
2009.7.18
ISBN
978-4-87795-166-5
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

まえがき

◎——ダンテが精神の旅に出たのはなぜか?
『神曲』は、一四世紀前半のイタリアで、ダンテ・アリギエーリにより書かれた長編叙事詩です。三部構成で『地獄篇』、『煉獄篇』、『天国篇』からなっています。本書はそのうちの第一部、『地獄篇』を日記風の小説仕立てにして読みやすくしたものです。
 世界文学を代表する作品として評価され、日本語訳もこれまでに十種くらい出ています。その内容は、哲学や倫理学、天文学、測量学などが取り入れられているとともに、ギリシャやローマの神話に登場する神々や怪物もたくさん登場します。ですから、それらに関する知識がないと、なかなか難解なところがあります。
 本書はそうした知識がなくても、小説を読むように文脈をたどることができるように構成されています。読み進んでいくと、いつしかダンテとともに死後の世界を放浪しているような気がしてきます。
 なぜダンテは、このような精神の旅を綴る物語を書こうとしたのでしょうか。そのヒントとなるものを追っていきましょう。
 一三〇七年、ダンテは、自分と同名の主人公が死後の世界を旅する『神曲』を書き始めたといわれています。そのとき、彼は故郷フィレンツェを追われ、イタリア各地の有力者に助けられたとはいえ、放浪の身の上となっていました。

続きを読む

プロフィール

チェ・スン(ちぇ・すん)

韓国出身。フランスの小説家であり劇作家であるボルテールの「ダンテの名声はさらに高まるだろう。なぜなら時が経てば経つほど彼の作品を読む人がいなくなるからだ」という言葉に出会い、西洋史上最高傑作とされながらも難解な『神曲』の小説化を決意。約10年の歳月をかけて書き上げる。優れた口語訳によりダンテの世界が見事に甦る。韓国では話題を呼びベストセラーとなる。