topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

名作書き写し文章術

メイサクカキウツシブンショウジュツ

超入門 1日10分続けるだけ

高橋フミアキ著

「名文を真似て書く」で10倍上達! あの文豪たちもやっていた!

「名文を真似て書く」だけで、文章力が大幅アップ。この名作書き写しトレーニングを効果的に行うための簡単なテクニックを伝授。とにかく文章を書くのが苦手、1行めからつまずく人でも大丈夫。

主な内容

プロローグ “書き写し”こそいちばんの早道!
1章 こんな人たちも必ず書けるようになります
2章 1日10分「名作書き写しトレーニング」
3章 「名作書き写しトレーニング」でスキルアップ
4章 「書き写す」から「自分の文章を書く」へ
5章 読み手の心を動かすとっておきのテクニック

詳細な目次のページを開く

名作書き写し文章術
価格
1512円(本体1400円)
判型
四六判
頁数
244 頁
発行日
2009.9.18
ISBN
978-4-87795-172-6
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

プロローグ “書き写し”こそいちばんの早道!

 僕の文章スクールでは、名作を書き写すトレーニングを行なっています。この「名作書き写しトレーニング」で文章を書く力が間違いなく伸びていきます。
 それは、僕自身の体験がベースになっています。作家になりたかった僕は20代のころ、文章力を身に付けるには、書いて、書いて、書きまくることだと考えました。ところが、何をどう書いていいかわかりません。情熱だけが空回りしていました。
 そこで、先輩に相談すると「名文家の作品を書き写してみろ」と先輩は言います。僕は、そのとき書き写すなんて、面倒くさいなあ、とは思いませんでした。「それならできる!」と喜んだのです。書き写すだけなら、誰でもできるのですから。
 しかし、僕はカンパンを食べながら書き写す作業をやりました。宮本輝、村上春樹、安岡章太郎、芥川龍之介、太宰治、井伏鱒二などの作品を次々と書き写していきました。根を詰めて書いたのは3日間です。それ以降は1日10分くらいを目安に、少しずつ書いていきました。

続きを読む

プロフィール

高橋フミアキ(たかはしふみあき)

作家&ヒプノセラピスト。宮崎ますみ先生に師事しヒプノセラピストになる。

大手広告代理店に10年間勤務したのちフリーとなり、ビジネス雑誌やグルメ雑誌などに携わる。2007年に文章スクールを立ち上げ、文章の基礎から小説の書き方まで幅広く指導。また、企業の社員研修でレポートの書き方やメール、論文の書き方、コミュニケーションなどを講義。フリーライターの育成にも尽力。メールマガジン『ポンポコ先生のライタースクール』も好評配信中。さらに、「夢のスクール」を定期的に開催し、ヒプノセラピーのグループセッションを行っている。