topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

頭のいい夫婦 10分以上「二人の会話」がとぎれない習慣

アタマノイイフウフ 10プンイジョウ「フタリノカイワ」ガトギレナイシュウカン

近藤 裕著

40年間マリッジ・カウンセリングの集大成!

アメリカと日本で40年間マリッジ・カウンセリングの集大成! 「いつかは離婚」から「いつまでも一緒に」へと変わる7つの習慣●アメリカの夫婦と日本の夫婦の違い●向き合っていない夫婦3つのパターン●夫婦の葛藤への対応の仕方●夫婦関係が親密になる8つの秘訣●コミュニケーションを豊かにする4つの知恵……。

主な内容

1章 何十年もいっしょにいるのに、なぜか心が通わない
2章 10分以上会話がとぎれない関係を取り戻すには
3章 年を重ねるほど「既婚シングル」な関係がいい
4章 ますます「向き合う夫婦」になる七つの習慣
5章 夫婦の再スタートには援助を受ける知恵も大切

詳細な目次のページを開く

頭のいい夫婦 10分以上「二人の会話」がとぎれない習慣
価格
1512円(本体1400円)
判型
四六判
頁数
208 頁
発行日
2010.1.20
ISBN
978-4-87795-181-8
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

健全な夫婦関係とはいかにあるべきなのか?

 私はこれまでアメリカでの十二年間を含めて四十年間、マリッジ・カウンセリングの仕事にたずさわってきました。
 その体験を通して、日本とアメリカでは夫婦関係への取り組み方に大きな違いがあることを学びました。
 帰国後は女子大学で「愛と性と結婚」について十年間、講座を担当し、カップルの婚前カウンセリングやガイダンスも行なってきました。
 この四十年間のカウンセリングのなかで私がとくに問いつづけてきたのは、「健全な夫婦関係とはいかにあるべきなのか?」ということでした。
 私のもとには今もいろんな年代のご夫婦がマリッジ・カウンセリングを受けに来られますが、最近目立って多いのが、結婚して二十年、三十年というご夫婦です。
 平均寿命が伸びた日本では、夫婦ともに八十歳を超えることも珍しくありません。その分、夫婦だけで過ごす年数が長くなっています。二十年、三十年と子育てに励み、子どもが自立すると、ふたたび「夫婦二人」の生活が始まります。それが二十年、三十年とつづきます。
 これを「幸せ!」と喜ぶ人、「不幸」と嘆く人、とさまざまです。私のマリッジ・カウンセリングに訪れる人たちの大半は、後者で、その「不幸」から脱け出したいと願っている人たちです。
 お互いの人間性とか生き方を尊重し合える関係を再スタートさせたい。それが夫婦のままで無理なら離婚もやむなし、と覚悟して悩みを訴えてこられます。
「できることなら、せっかくご縁があって結ばれたパートナーと、このまま幸せな余生を送りたい、とは思うが、そんな気持ちがかなえられるような夫婦関係ではない。二人が向き合って話し合えるような関係をもたないまま、形だけ夫婦として過ごしてきてしまった」
 そのように語る言葉には、あきらめの響きがあります。

続きを読む

プロフィール

近藤 裕(こんどうひろし)

1928年、千葉県に生まれる。教育学博士(臨床心理)、サイコセラピスト(心理療法士)。早稲田大学政治経済学部中退、西南学院大学文学部卒、米国留学。九州大学教育心理学教室で学び、再び米国留学。米国で日本人としては初めてマリッジ・カウンセラ−の資格を取得(1972年)。その後、バ−クレ−市、ヘリック・メモリアル病院心理室長を12年間務め、帰国(1983年)。東京女子大学、昭和大学藤が丘病院講師を経て、現在、ライフマネジメント研究所長。臨床、講演、企業の研修、執筆活動を行なう。著書は『大切な人の心を離さない本』(三笠書房)、『ゆっくりした人生がいい』(毎日新聞社)、『「やる気」わくわくセラピ−』(PHP 研究所)、『生涯青春!』(河出書房新社)、『50歳からの「いきいき脳」を保つ9つの知恵』(PHP研究所)など90冊を超える。