topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

頭がいい人のアイデアのつくり方

アタマガイイヒトノアイデアノツクリカタ

ふつうの人が巨万の富、大ヒット続々の理由

高橋昌義著

発明・審査委員長40年のプロが伝授

著者は40年にわたり、全国から応募されたアイデアや発明の審査を続けてきた著者が、過去に大ヒットした発明を取り上げ、発明家たちがどのようにしてアイデアをつくり上げていったのかを紹介。また、「ひらめきの感性」を磨き、アイデアをつくるための効果的なトレーニングとは。

主な内容

プロローグ 奇抜なアイデアのつくり方「十箇条」
Ⅰ 莫大な特許料を取得した大ヒット「アイデア」
Ⅱ 人助けに貢献した大ヒット「アイデア」
Ⅲ あまりにユニークな「アイデア」
Ⅳ 人類に貢献した大ヒット「アイデア」
Ⅴ アイデア力を磨く「ひらめきトレーニング」

詳細な目次のページを開く

頭がいい人のアイデアのつくり方
価格
1512円(本体1400円)
判型
四六判
頁数
192 頁
発行日
2010.6.10
ISBN
978-4-87795-190-0
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

プロローグ 奇抜なアイデアのつくり方「十箇条」

創造性とは知的な遊び

 私は、四〇年間にわたって、全国から応募されるアイデアや発明の審査を続けてきました。そこで出合った膨大な数の発明を大別すると二つに分かれます。
 よくぞこんなアイデアがひらめいたものだと驚嘆させられるものと、複雑に組み合わされてはいても、過去の知識や技術を集積したものの二つです。
 発明というジャンルには、入試のような正解は用意されていません。あくまで独自のアイデアによって開発されたものでなければ、どんな高度な機器でも特許や実用新案の対象とはなりません。
 学力試験で優秀な成績を収めるには、すでに習得した知識を答案に活用する能力が求められますが、発明の場合は、常識の殻を破る発想力が不可欠です。それまでの常識では考えもつかなかった、まったく新しいアイデアが必要だからです。
 ゼロックスというアメリカの企業があります。「複写機」の代名詞になるほどよく知られていますが、その成功を支えている多くの特許技術にかなり貢献しているのが、パトル・メモリアル研究所のL・E・ウォールカップの発明だといわれています。
 そのウォールカップが創造性について、とても興味深いことを指摘しています。ポイントはこうです。

 創造性とは知的な遊びであり、創造性を豊かにするのは遊び心である。
 まったく生真面目な人は、保守的な考え方から決して迷い出ようとはしないし、普通でないこと、奇抜なことを探検する時間のゆとりもない。

 たしかに、常識という思いこみにとらわれているほど、遊び心は失われ、発想も貧しくなります。何より創造的なアイデアがひらめくことがなくなります。
 全国から応募されるアイデアや発明の審査を四〇年間続けてきましたが、いまいちばん気がかりなのは質の低下です。とくに青少年のアイデア力、創造力が衰えてきていることです。

続きを読む

プロフィール

高橋昌義(たかはしまさよし)

茨城県神栖市生まれ。大学在学中から発明や地球科学に興味を深め、全国規模の発明工夫展では、「電子ノイズ変調方式によるミュージックボード」や「プレセッション運動誘導装置」などの発明で入賞多数。「自動観測装置の開発」で内田科学賞受賞。「利根川下流地域の陸水の化学成分の変化と地形の動態の研究」で東京都より科学研究奨励費を受ける。

1990年4月、科学技術庁長官賞(功績賞)を受賞。

財団法人「新技術開発財団」(総裁・三笠宮寛仁親王殿下)の審査委員長を40年間務めた。

現在は発明評論家として独創性啓発事業に従事し、講演や執筆活動を行なっている。

主な著書に『あなたもできる発明』(東京新聞)『常識破りの成功発想』(共出版)『発明・発見のみちすじ』(大日本図書)『発明・アイデアのコツ』(日本実業出版社)『発明の歴史』(監修あすなろ書房)他多数。