topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

ふりかえれば愛だった! 涙の実話30

フリカエレバアイダッタ! ナミダノジツワ30

じ〜んとしみてくる30人の心の漂流記

文章スクール@カフェバー編

疲れた脳をリフレッシュ!

『〜文章術』の著者、高橋フミアキさんが主宰し、読売、朝日、NHKでも取り上げられた文章スクール@カフェバーの受講生が書いた、涙の実話集。「生きていてよかったと感動したこと」の一つ一つの話が、疲れた脳をリフレッシュ。“人間っていいな”シリーズ第二弾。

主な内容

1 グッとくる「いい話」
2 ジーンとする「いい話」
3 キュンとなる「いい話」
4 ホロッとする「いい話」

詳細な目次のページを開く

ふりかえれば愛だった! 涙の実話30
価格
1512円(本体1400円)
判型
四六判
頁数
192 頁
発行日
2010.11.15
ISBN
978-4-87795-199-3
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

感動できる心があれば人は前に向かって生きていける!

 感動は脳にいいそうです。「感動は脳を進化させる」。これは脳科学者の茂木健一郎さんの言葉です。人の話を聞いたり、本を読んだりして、脳に新しい情報が入ってきて「あ、これ凄いな」と感動すると、「尾状核」という脳の組織が活発に動きはじめます。すると、その後の判断力や理解力が高まるというのです。
 感動は体にもいいそうです。感動して涙を流したりすると、免疫機能が上昇することが近年の研究で明らかにされています。
 感動は心にもいいそうです。映画を見て感動したとき、あるいは本を読んで感動したとき、前向きに一歩踏み出してみようとポジティブな意欲が生まれたり、生きる勇気が芽生えたりします。
 感動は、脳にも、体にも、心にもいいのです。
 本書は僕が主宰する文章スクール@カフェバーの受講生らが書いたエッセイを集めたものです。「生きていてよかったと感動したこと」をテーマに作品を募集したところ、一〇〇編近い作品が届きました。そのなかから厳選したものが本書に掲載されています。なかには、何度も書き直してもらった作品もあります。

続きを読む

プロフィール

文章スクール@カフェバー(ぶんしょうすくーる@かふぇばー)

東京・四谷にあるカフェバーで開かれている文章スクール。作家の高橋フミアキ氏が運営している。主婦や仕事帰りのサラリーマンなどが主な受講者。スクールのない日にも、受講生が集まり、文章談議で盛り上がる。新聞各紙やNHKの番組などでもユニークな文章教室として取り上げられる。「カウンターごしの文章教室」(読売新聞「夜な夜な腕磨く『文章バー』作家の卵や就活生も集う」(朝日新聞)。