topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

愛する人のために神様の気功術

アイスルヒトノタメニカミサマノキコウジュツ

阿部文子著

あなたも「魔法の手」がもてる

「緩和ケア」のカウンセラーでもある著者は、気功を通して、多くの患者さんの症状の改善に努めてきた。「魔法の手」である気功との出合い、改善した患者さんの症例、誰にもできる気功の方法、また力を増すために気功について掘り下げて紹介している。

主な内容

プロローグ 気功で多くの患者さんの症状を改善
1 神様がくれたお母さんの気功術
2 あなたも「魔法の手」がもてる
3 母なる生き方を求めて
4 「気」の力で驚くほどの癒しの効果が

詳細な目次のページを開く

愛する人のために神様の気功術
価格
1404円(本体1300円)
判型
四六判
頁数
176 頁
発行日
2011.4.21
ISBN
978-4-87795-207-5
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

プロローグ 気功で多くの患者さんの症状を改善

 風です。
 私は、なにか生命ある物に手をかざすと、風を感じるのです。
 そよ風のような風、熱い風、程よい温かさの風、冷蔵庫の中のような冷たい風、なかにはなにも感じないものもありました。
 風は、そのものの気の状態を表しているそうです。
 元気な花や木からは、暖かな風を感じます。でも、枯れそうな植物からは冷たい風が吹いていました。特に冬の木は、ほとんどなにも出していませんでした。それは、人間にもあてはまりました。
 健康な人からは、穏やかな風が、病を抱えている人からは、「おおっ」と思うほど冷たい風や熱い風が吹いていました。手をかざしてその風を除き終わると、「ああ、楽になった」と喜んでくださいました。
 私は風を感じるこの手を、お母さんの「魔法の手」と呼んでいます。
 小さい頃、転んでけがをしたときに、母は傷に手を当ててくれました。すると痛みがやわらいでいったのです。また、昔は衛生事情が悪く、よくお腹をこわして夜中に痛くなることが多かったのですが、そんなときもお腹に手を当ててもらうと、痛みがやわらいで眠ることができました。
 風邪で熱にうなされたとき、手を握ってもらうだけで、安心して眠ることができました。
「手当て」とは、よくいったものです。
 そんな母の手は、私にとって「魔法の手」でした。
 病む人を看るということは、母親のこころにも通じるものがあると思うのです。
 こころの底から、少しでも健康の回復を、祈る気持ち。
 身体の痛みも、こころの痛みもすべて受け入れて、なおなにかをしてあげたいと思う気持ち。それはまさに、愛する家族を思う、お母さんのこころなのです。
 私は、がんの「緩和ケア」(注1)のカウンセラーです。
 再発、そして死に対する不安と、いつも背中合わせで生きている患者さんのこころに寄り添って、はや二十年近く経ちました。

続きを読む

プロフィール

阿部文子(あべふみこ)

総合病院カウンセラー。特にがんの緩和ケアのカウンセラーとしてカウンセリング・イメージ療法などを行なっている。

宮城県多賀城市出身。尚絅女学院短期大学保育科を卒業後、幼稚園に勤務。

結婚後、心療内科クリニックにドクターエイド(秘書)として勤務。明星大学通信教育学部教育心理学科卒業、同クリニックのカウンセラーとなる。企業向けメンタルへルスの講義、カウンセラー養成講座の講師も担当。現在は病院でのケアに専念している。