topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

夫婦の危機「これ」がわかれば9割やり直せる!

カイテイバン フウフノキキ「コレ」ガワカレバ9ワリヤリナオセル

妻と夫のカウンセリング

吉岡愛和著

その離婚、ちょっと待って!

1%やり直したい気持ちがあったら今からでも遅くない!著者のカウンセリングを通じて、夫婦の危機を乗り越えた14組の夫婦のストーリーを紹介しながら、こじれた夫婦間に横たわる問題点を気づかせ、いい関係を築くための処方箋を提示している。『なぜか夫婦がうまくいく3つの習慣』の改訂版。

主な内容

1章 それでも離婚の危機を乗り越えた14組の夫婦
2章 うまくいかない理由が見えてくる「夫婦関係見える化シート」
3章 いい関係は3つの実践から
4章 愛と性への気くばり
5章 女性の幸せはどこにある?

詳細な目次のページを開く

夫婦の危機「これ」がわかれば9割やり直せる!
価格
1512円(本体1400円)
判型
四六判
頁数
208 頁
発行日
2011.9.5
ISBN
978-4-87795-217-4
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

はじめに

「このままだと離婚するしかない」と、苦しげな面持ちでカウンセリングルームを訪れる妻たち、夫たち。
 たしかに、生まれも育ちも違う、何より男性と女性という性が異なる二人が夫婦として生涯を共にすることは簡単なことではありません。だから、離婚することだってあると諦められるかというと、そうもいきません。
 90%離婚を決めている、99%離婚を決めているが、それでも残り10%、残り1%が心に引っかかっていて、私のところに相談に来られるのです。
 妻たち、夫たちの言い分を聞いていると、うまくいかない理由は山ほど出てきます。
 妻たちからは、
「会話がない」「夫が不倫している」「夫婦喧嘩が絶えない」「夜の生活がない」「夫がギャンブルにのめり込んでいる」「父親としての責任がない」「私はただの家政婦なの?」「考え方や価値観があまりにも違いすぎる」「夫からの暴力や脅迫」「夫に気持ちが通じない」……
 夫たちからは、
「性格の不一致」「家の中に安らぎがない」「妻がすぐ切れる」「妻の暴言、暴力」「離れたほうが子どものためによいから」「夜の生活がないし、その気にもならない」「妻が実家にいつまでも依存している」「妻に愛情を感じない」「妻との会話が成立しない」「我慢してまで二人でいる意味を感じない」……
 さらに細かく聞いていくと、それこそ箸の上げ下げまで気にくわないということになってきます。行き着くところ、存在そのものが気にくわないということに。
 心にあるものを吐き出して落ち着いたところで、いちばんの理由は、「夫としての思いやり、やさしさを感じられない」「妻としての思いやり、やさしさを感じられない」ということではないですかと聞くと、ほとんどの方が頷かれます。

続きを読む

プロフィール

吉岡愛和(よしおかあいわ)

愛和家庭教育アカデミー所長。

東京立正短大英米学科卒。貿易会社でセクレタリーとして勤務後、結婚を機に退職。3代の夫婦が同居する家に嫁ぎ、3人の子どもとともに4世代、9人家族のなかで嫁として、妻として、母として生活。1992年より英会話スクール、フリースクール(不登校児、発達障害児、知的障害児を対象)を開設。同時に専門的にカウンセリング学を学び、家庭教育の重要性に注目し、国際比較データをベースにした国際家庭教育アカデミーを設立。家庭教育のための各種セミナーや講演、執筆、カウンセリングをはじめ、家庭教育カウンセラーの育成も行なっている。