topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

責めず、比べず、思い出さず

セメズ、クラベズ、オモイダサズ

苦しまない生き方 禅と大脳生理学に学ぶ知恵

高田明和著

薬で心の不安は治せない

この苦しみに満ちている世界、人生において、心が楽になり、生を充実させるための具体的な実践方法を示している。不安、心配、意欲の減退、自責などの感情は薬では治せず、自分の心で治すしかない。本書で示す「心のもち方」「言葉」「呼吸」「坐禅」「写経、読経」の中から、どれか一つを実践すれば、晴ればれとした人生に。

主な内容

プロローグ 晴ればれとした人生を手に入れるために
一章 前向きな「心」で明るく生きる
二章 幸せになれる「プラスの言葉遣い」
三章 呼吸を変えるだけで心の平安と健康が得られる
四章 坐禅で「無の境地」になり本来の能力に目覚める
五章 写経、読経で人生を生きいきと
エピローグに代えて――「苦しまないため」の功徳のすすめ

詳細な目次のページを開く

責めず、比べず、思い出さず
価格
1404円(本体1300円)
判型
四六判
頁数
160 頁
発行日
2011.9.21
ISBN
978-4-87795-218-1
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

プロローグ 晴ればれとした人生を手に入れるために

誰もが心に傷を負っている現代社会

 現代のように過度の競争を強いられる社会では、人の価値は勝ち負けで評価されがちになります。結果、優れている人だけをよしとする傾向になってしまいます。
 そんな競争社会では心の優しい人や人に迷惑をかけたくないと思う人は大変に生きづらく、心に傷を負ってしまいます。そうなると、自分は社会にとって必要でない人間かと思い、生きていくことに不安と恐れを抱いてしまうのです。
 その結果、引きこもりになったり、うつになったりするのが、昨今の現状で、いろいろな煩悩にもさいなまれてしまいます。
 私は、よく講演を依頼され、会場に来られた人たちとお話をする機会がありますが、社会的に成功している人たちでも、多くの苦しみを抱えている場合が多く、いちばん心が安らぐはずの家庭でもさまざまな問題で悩んでいます。
 子どもが家に近寄らない、まったく価値観が違う親を尊敬していない、子ども同士の仲が悪いなどという例は枚挙にいとまがありません。
 このような現状を考えると、今のこの社会に生きる人たちはみな、煩悩や孤独感にあえぎ、心の平静や平穏を求めているのです。とくに、東日本大震災によって、どれだけ多くの人が苦しんでいることでしょうか。
 仕事や家庭や病気などの問題で直接的な悩みがない人でも、ぼんやりとした不安をもつ人も多く、また、大きな悩みがなくても、人生の生きがいややりがいを求めている人も多数おられます。
 こんな時代こそ、本書で述べる「前向きな心のもち方」「プラスの言葉遣い」「呼吸を変えるだけで平安に」「坐禅で無の境地に」「写経・読経で人生を生きいきと」という五つを実践することをおすすめします。
 これらのどれか一つを実行すれば、晴ればれとした心になり、苦しみ悩んでいる人たちも、本来もっている輝かしい心と充実した生活を取り戻すことができるでしょう。
 とくに、本書で紹介する禅の世界で脈々と続く坐禅や呼吸法、写経や読経が有効でしょう。また、ふだん使っている悲観的な言葉を、プラスの言葉に変えることも大切です。

あの朝青龍もうつ病に

 私はかつてうつ病にかかった時期がありました。薬を服用したのですが、睡眠薬と抗うつ剤を止めるときに離脱症状に苦しみました。それは薬を止めるときに感じる、えたいの知れない不安です。
 さみしいような、怖いような、自分がだめなような、口では説明できない感情に襲われたのです。
 それと似たような話ですが、元横綱の朝青龍がうつ状態になったとき、病状が悪くなり、車で部屋から病院に行った折に「怖い、怖い」を連発していました。あの大横綱で筋骨隆々、向かうところ敵なしの朝青龍が何を恐れているのかと疑問に思いました。
 今では彼が離脱症状に苦しんでいたのだと確信しています。
 このようなときには、いちばん親身になってくれる家族でも当人の気持ち、不安を助けられないということを痛感します。つまり、自分の気持ち、自分の感情は自分以外に変えられる人はいないのです。

続きを読む

プロフィール

高田明和(たかだあきかず)

1935年、静岡県生まれ。慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了。米国ロズエル・パーク記念研究所、ニューヨーク州立大学助教授、浜松医科大学教授を経て、同大学名誉教授。医学博士。専門は生理学、血液学、脳科学。近年は、テレビ・ラジオへの出演や講演、執筆などで心と体の健康についての啓蒙活動を積極的に行っている。また、禅の分野にも造詣が深い。

おもな著書に『魂をゆさぶる禅の名言』(双葉社)『50歳からの元気な脳のつくり方』(角川ONEテーマ21)『医者がすすめるやさしい座禅』(成美文庫)『いきいき脳トレドリル』(PHP)など多数。