topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

からんころん心のお医者さん

カランコロンココロノオイシャサン

絵と文・みやらび

心優しく、生きる力が湧いてくる

著者は13歳の中学1年生。小学6年生の時にいろいろあって心が折れてしまいました。そんな時に母親の勧めで1日1枚詩と絵を描くことにしました。苦しい時期ではあったけれど、自分を見つめ直す大切な時間になりました。何もかも変えることはできないかもしれない、でも自分は変われるんだ! 13歳のピュアな詩は読む人の背中を優しく押してくれます。かわいらしいイラストは見る人の心を癒してくれます。読むだけで心が優しくなり、生きる力が湧いてくる1冊です。

主な内容

・心のお医者さん
・一人じゃない
・ぼさぼさくん
・つながる“心”
・生きる
・そう思うだけで

からんころん心のお医者さん
価格
1080円(本体1000円)
判型
四六判変型
頁数
96 頁
発行日
2012.1.21
ISBN
978-4-87795-227-3
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

はじめに

 詩という物語の1ページ目、それは私の心から始まりました。
 小6の時、いろいろなことがあって突然、心がポキンと大きな音を立てて折れてしまいました。そんな時、母から1冊のスケッチブックを渡され、「1日1枚」絵を描くことにしました。毎日少しずつ描いていくうちに、言葉が生まれ、卒業するまでには、スケッチブックが20冊となりました。
「1日1枚」絵と詩を描く、というのは私にとってとても大切な時間でした。少しの間でも、自分と向き合うこと、それが私を大きく変えてくれました。
 長い冬を越え、私はこの春、心の扉を開き、大きな一歩を踏み出すことができました。寒くて厳しい冬があったから、春の光の温かさを感じることができました。
 何もかも全部変えることはできないかもしれない・・・。でも「自分は変われるんだ」そんなことに私は気づきました。
 出版にあたり、たくさんの人にありがとうを伝えたいです。
 この本を手にしてくださった全ての人に感謝を込めて・・・。

みやらび

心のお医者さん 見開きページ

プロフィール

みやらび(みやらび)

1998年長野県生まれの高校2年生。“みやらび”というのは沖縄の方言で“女の子”という意味です。