topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

名古屋編「死後世界地図」

ナゴヤヘン「シゴセカイチズ」

数奇な体験を重ねた著者の“眉間のスクリーン”に映る前世の映像——名古屋の地から見えた霊的真理を明かす!

三島衣理著

前世で魂が決めた「運命設計」が見えてくる!

死の恐怖から始まり、長年、不思議な霊的現象や予知体験に翻弄され続けてきた著者の実体験を通じて、霊障・守護霊・予感・運命の本当の意味と対処法をアドバイスする。死とは、肉体が滅びるだけで、その魂は延々と長らえる、次なる世界への扉であり、人生は前世での思い残しを解消するよう設計されていると言う。

主な内容

Ⅰ 霊障に地域性はあるのか?
Ⅱ 前世はどこまで現世に影響するか?
Ⅲ どうしたら守護霊の働きを感じられるか?
Ⅳ 予感はどこまで信じていいのか?
V 運命といかに向き合えばいいのか?
Ⅵ 霊的真理が見えると人生の扉が開く!

詳細な目次のページを開く

名古屋編「死後世界地図」
価格
1512円(本体1400円)
判型
四六判
頁数
192 頁
発行日
2012.3.21
ISBN
978-4-87795-230-3
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

はじめに

死への恐怖とどう向き合えばいいのか
 この本を手にしていただいたご縁に、心より感謝いたします。
 皆様はきっと、死後の世界や霊的な世界について、少なからずご興味をお持ちかと思います。あるいは、いつか必ず訪れる死への恐怖を払拭したいと願っていらっしゃるかもしれません。
 昨年、日本を震撼させた東日本大震災、続く福島原発事故の「神も仏もいない」と嘆きたくなるほどの惨状と、苦難にあえぐ人々の姿に心を痛め、死をごく身近に感じられた方もいらっしゃるでしょう。
 近しい方の死とどう向き合えばいいのか苦悩する方もいらっしゃるかもしれません。
 そういう私も、かつては自分や家族の死の恐怖に脅かされる悩ましい日々を送っていました。
 始まりは物心ついた四歳の時、縁日で買ってもらったヒヨコがすぐに死んでしまい、命のはかなさを子どもなりに感じたことです。「死んだら、どうなるの?」という素朴な疑問が芽生えました。その際、母親が何気なく「何も無くなるのよ」と答えたことが恐怖を呼び込みました。
 祖父母や両親はいつか必ず亡くなる=無くなる、自分やまだ生まれてもいない自分の子、孫、その後に続く子孫も誕生と同時に死が決定づけられ、いずれ無くなることを思うと、恐くてしかたありませんでした。
 私の想像はさらに全人類に及び、地球という星にすら寿命がきて、何もかもが無くなってしまうという無間地獄のような闇へ陥ったのです。
 しかも、それをイメージしている自分の意識だけは暗闇の中に孤立無援で「在り続ける」。その壮絶な恐怖に耐えきれず、ノドが切れるほど叫ぶこともありました。「ほんとうに死んで、無になったほうがマシ」と思ったほどです。

続きを読む

プロフィール

三島衣理(みしまいり)

名古屋市生まれ。京都芸術短期大学(現・京都造形芸術大学)卒。プランナー&ライターとして広告・編集、および店舗CIやインテリアプランの仕事に携わる。

生来の予知・霊視力を活かし、スピリチュアルヒーラーとしても活動後、現在は執筆に専念。

著書に、『うつ、のち晴れ。』『元気になれる小さな旅』(ともに、ゆいぽおと刊/KTC中央出版)などがある。