topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

寝たきりにならない腸づくり

ネタキリニナラナイチョウヅクリ

食を正す!60歳からはじめる健康法/腸は最大の免疫器官、腸が悪いと病気になる

阿部一理著

薬や手術の必要のないつくる

東洋医学やマクロビオティックを長年研究してきた著者は、「食」の乱れを正して腸の能力を高めることと、その効果を高めるために「気」の流れを調整する、この2つのことを実践すれば、60歳からでも手術や薬の必要のない体になれると力説する。

主な内容

第1章 健康の基本の基本は腸にあった!
第2章 60歳からでも間に合う腸の鍛え方
第3章 いま、だからこそ伝統食を見直そう
第4章 気を高めるマッサージと食物の力で体の手当てを

詳細な目次のページを開く

寝たきりにならない腸づくり
価格
1404円(本体1300円)
判型
四六判
頁数
160 頁
発行日
2013.4.12
ISBN
978-4-87795-257-0
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

はじめに

2010年のWHO(世界保健機関)の発表では、日本は全人口に占める60歳以上の人口が約3割、と世界1位です。その数字を反映するかのように、老人介護や高齢者医療など高齢者の健康に関するニュースが毎日報道されています。
人間は元気なまま老いていき、そしてある日なんの苦しみもなく死んでいくのが理想だと私は考えています。元気なまま=ピンピン、楽に死ぬ=コロリ。
「ピンピンコロリ」は、健康な一生を過ごし、家族や親戚に迷惑をかけない最期を迎えるという理想の人生といってもよいのではないでしょうか。
この「ピンピンコロリ」と正反対にあるのが、晩年に寝たきりになり、もしくは様々な薬に頼って生き、最期は痛みや苦しみの中で死を迎えるというものです。

続きを読む

プロフィール

阿部一理(あべ いちり)

1944(昭和19)年、北海道網走の寒村に生まれ、虚弱な幼少青年期を送る。27歳の時、故・桜沢如一(マクロビオティックの創始者)の書物に出合う。生前の秋月辰一郎博士より直接お話を伺い、その凄まじい効果に衝撃を受け、食事療法を実践。生来の虚弱体質を克服。その後「信ずるな、疑うな、確かめろ」を信条として食事療法、民間伝承医学等を研究。講演回数は1万2千回以上。

・民間療法研究家

・千島学説学会理事