topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

なぜ、この日本精神は世界一なのか

ナゼ、コノニホンセイシンハセカイイチナノカ

国際ビジネス最前線で体感18話/不安あおる「日本卑下世界観」にもの申す

諒 純也著

「日本丸」の行き先はここにある!

国際ビジネス最前線で活躍してきた著者が、今こそ、「世界に誇ることのできる日本精神」について見つめ直すときと力説する。過剰に自己卑下した日本人像を精神に焼き付けていたのでは、間違いなく「日本丸」の舵取りに失敗してしまう。「日本卑下世界観」を大転換する本。

主な内容

1章 なぜ、日本人は自虐的なコメントが好きなのか?
2章 国際社会の常識・非常識 あなたはどこまで知っているだろうか?
3章 ビジネス現場だから見える「文化の違い」
4章 日本人の特異性や能力に自信を持とう
5章 国際社会で生きていく「ニッポン人」への提言

詳細な目次のページを開く

なぜ、この日本精神は世界一なのか
価格
1512円(本体1400円)
判型
四六判
頁数
222 頁
発行日
2013.4.30
ISBN
978-4-87795-258-7
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

はじめに

 昨今の日本社会において、「海外旅行」は当たり前のように「誰しもが楽しむことができる娯楽」となった。
 わずかの期間の夏休みやゴールデンウィークの限られた日程に、国際空港へと押し寄せる家族連れの光景も、さほど珍しい絵図ではなくなったといえる。
 それほどまでに日本人にとって「海外」は身近なものになっている。
 逆の光景もある。
 今や日本の観光地には、海外から観光に訪れる人々の姿が数多く見受けられる。家族旅行で乗り合わせたエレベーター内で、日本語以外の会話が聞こえてくることの何と多いことか。
 それだけ「国際化」「ボーダーレス」の世の中に変わってきているのだ。
 ところが一方で、日本人は意識レベルにおいても、本当に「国際化」したのであろうか?
 これについてはさまざまな意見があると思われるが、私の感覚では、
「まだまだ島国根性が色濃く残っている」
「日本人、日本という国の真の素晴らしさを理解していない」
 というのが、偽らざる率直な感想だ。
 なぜか?……といえば、最近のアジア情勢に対する日本人の意識や認識が、まだまだ「他人事」のように鈍感に捉えていると感じられるからである。アジアにおける国際関係に関して見てみると、戦後これまでには見られなかったほど、各国独自のナショナリズムがぶつかり合うレベルまで緊迫の度合いが増している。

続きを読む

プロフィール

諒 純也(まことじゅんや)

1963年生まれ。1987年東京大学大学院工学系研究科化学エネルギー工学専攻修士課程修了。同年、大手材料系メーカーに就職。15年近く技術者生活を送った後、自ら開発した商品とともに営業部に異動し、海外顧客も含めたビジネスを展開。ここ数年はラインの営業部長として、事業部所属の営業グループで実ビジネスの責任者を務めるとともに、海外現地法人のマネジメントにも当たる。

趣味は料理づくりと旅行。ライフワークとして作家活動を行い、各種講演会でスピーカーも務める。

主な著書に『「理系人間」との仕事術』(2009年 西東社)『上司は“だまして”使え』(2011年 阪急コミュニケーションズ)『理系のトップはなぜダメなのか』(2012年 阪急コミュニケーションズ)『脱東大式』(2012年 ビジネス教育出版社)等。