topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

上杉鷹山に学ぶ 財政破綻を救う感動改革!!

ウエスギヨウザンニマナブ ザイセイハタンヲスクウカンドウカイカク!!

本郷陽二著

現代の政治、行政、経済界に警鐘を鳴らす書

平成日本の末期的症状を救う具体的なヒントが満載! 米沢藩の藩政改革に成功した上杉鷹山の足跡と彼の実行力を詳細に検証する事で、惰眠をむさぼる現代日本のリーダー達に警鐘を鳴らす。

主な内容

はじめに 民を第一にして、国を救った鷹山 
第一章 眼前に迫る崩壊劇を大胆突破する!
第二章 死地に向かう組織はこうして活性化させる!
第三章 リーダーたる者の人心の掴み方
第四章 不可能を可能にする大局観
第五章 繁栄を得るためのぶれない発想

詳細な目次のページを開く

上杉鷹山に学ぶ 財政破綻を救う感動改革!!
価格
1404円(本体1300円)
判型
四六判
頁数
160 頁
発行日
2013.5.21
ISBN
978-4-87795-260-0
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

はじめに 民を第一にして、国を救った鷹山

◇財政難だった米沢藩と酷似している平成日本の末期症状
 日本経済は過去に例がないほど失速し、近隣からの追い上げによる産業の空洞化は極めて深刻になっている。
 しかも、政治家や官僚たちは無節操・無責任な行動を繰り返して日本の地位を失墜させ、経営者たちは会社を守るという名目で従業員たちを容赦なく切り捨てようとして、国民の多くが辛酸を嘗めさせられている。
 さらに深刻なのが国の借金である。ギリシャの債務問題が世界経済の足かせになっているのは有名な話だが、実はギリシャの債務は日本の二〇分の一以下でしかない。
 ギリシャの債務危機が発覚した際、日本のマスコミは「公務員が多すぎる」「税金を払わない連中がいるからだ」「労働意欲が低すぎる」という冷ややかな対応を見せた。しかし、それは「目くそ鼻くそを笑う」と同じことである。日本はギリシャなど足もとに及ばないほど巨大な時限爆弾を抱えていると断言してもいいだろう。
 この時限爆弾が爆発すれば、日本の政治・経済だけでなく、社会も破綻することは確実である。ところが、国民を第一にして、閉塞した日本の現状を一致団結して即座に改革しようという問題意識を持っている日本人リーダーはごくわずかではないだろうか。国政の場では、揚げ足取りの噛み合わない政策論争、百家争鳴で主義・主張を唱えているが、何も前進しない、改革されない現実……。
 実は、この本の舞台として取り上げる江戸時代の米沢藩も、現在の日本と同様の危機的状況にあった。十八世紀中頃までに米沢藩の抱える借金は約二〇万両(現代の通貨に換算して約二〇〇億円)に達していたというのだ。
 藩は収入を増やそうとして臨時の税金の賦課金を徴収したり、年貢を増やすなどの措置を取った。その結果、領民は日々の食事にも事欠くようになり、逃亡が相次いだ。そして、かつては一三万人だった領民が一〇万人以下に激減してしまったのである。
 藩の人口が減り、収入が激減するという悪循環に陥りながらも、藩主上杉綱憲は実父の吉良上野介義央の借金六〇〇〇両を肩代わりしたうえ、毎年六〇〇〇石を吉良家に送り続けていた。これでは財政が悪化するのは当然と言えるだろう。
 当時の米沢藩の財政難は、江戸の町人たちにも知れ渡っていた。
「上杉弾正大弼と書いた紙を鍋釜の中に入れておくと、金気抜きのまじないになる」(新品の鍋釜の金気を抜きたいなら、「上杉」と書いた紙を入れておけばいい。そうすれば、金気が吸い取られる)という与太話が、市中で堂々と語られていたほどだった。
 ちなみに、米沢藩一五万石を現在の貨幣に換算すると、約一五〇億円になる。しかもこれは、予定通りの年貢が納められた場合の数字だ。実際には、これの三分の二程度の一〇万石ほどしかなかったとされる。つまり、収入は一〇〇億円ということで、借金が全収入の二倍以上あったことになる。
 しかも、領民たちは重税に押し潰されそうになりながら必死で働いていたにもかかわらず、藩主はそれを一切気にかけず、金を湯水のように使い続けた──まさに、現在の日本と酷似した状況と言えるのではないだろうか。
 この状況が続いていたら、米沢藩は確実に破綻していただろう。だが、実際にはそうならなかった。なぜなら、上杉治憲、後に隠居し、鷹山と号した素晴らしい救世主が現れたからである。本書では、鷹山の名を通して使わしていただく。

続きを読む

プロフィール

本郷陽二(ほんごうようじ)

東京都生まれ。早稲田大学文学部仏文学科卒業。光文社カッパブックス編集部で『冠婚葬祭入門』(塩月弥栄子著)のシリーズなどを担当。その後、編集企画プロダクションを設立。ビジネスや発想法、歴史分野の著作で活躍。

主な著書に『頭がいい人の敬語の使い方』『頭がいい人は知っている日本語の品格』(以上、日本文芸社)、『人を動かす「ほめ言葉」』(中公新書ラクレ)、『美人の敬語』(宝島社)、『大人力を鍛える敬語トレーニング』(池田書店)、『頭がいい人のほめ方』『頭がいい人の謝り方』(以上、インデックス・コミュニケーションズ)、『失敗しない敬語のマナー』(ダイヤモンド社)、『言えそうで言えない敬語』(朝日新聞出版)、『仕事ができる人の敬語の使い方』(PHP研究所)などがある。