topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

再生医療を変革する珪素の力

サイセイイリョウヲヘンカクスルケイソノチカラ

内的iPS細胞活性化

細井睦敬著

水溶性の珪素で医療の可能性を拓く!

本書では、ガンだけでなく、国民病ともいわれる糖尿病や動脈硬化症などの予防・治療に本当に求められているものは何かを述べていきます。とくに再生医療の未来を拓く内的iPS細胞理論をベースにしながら、現代の医療に変革をもたらす可能性を秘めた水溶性の珪素について取り上げています。

主な内容

プロローグ 水溶性の珪素が内的iPS細胞を活性化
1章 最高の医療を実現する珪素の力
2章 再生医療の未来を拓く珪素の働きに注目!
3章 これが内的iPS細胞再生のしくみ
4章 珪素との出合いで拓かれた再発・転移ガン治療
エピローグ 西洋医学と代替医療の“いいとこ取り”で難病克服を

詳細な目次のページを開く

再生医療を変革する珪素の力
価格
1404円(本体1300円)
判型
四六判
頁数
216 頁
発行日
2013.11.15
ISBN
978-4-87795-270-9
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

プロローグ 水溶性の珪素が内的iPS細胞を活性化

再生医療を変革する珪素に注目
 慢性病が増加の一途です。50、60歳代ともなれば、話題は健康問題に及ぶ人が多いのではないでしょうか?
 ガンにおいては2人に1人が罹り、3人に1人がガンで死ぬと言われています。2013年春、若くして結腸ガンで亡くなった女優の坂口良子さん、2012年春は、元キャンディーズの田中好子さんが乳ガンで亡くなってしまいました。お2人とも57歳、55歳の若さでした。
 本書では、こうしたガンだけでなく、国民病ともいわれる糖尿病や動脈硬化症などの予防・治療に本当に求められているものは何かを述べていきます。とくに再生医療の未来を拓く内的iPS細胞理論をベースにしながら、現代の医療に変革をもたらす可能性を秘めた水溶性の珪素について取り上げています。
 私はこれまで再発・転移ガンや糖尿病、アトピー性皮膚疾患、ぜん息、尋常性乾癬症など、さまざまな難病の治療に取り組んできました。私独自の「カクテル療法」やその結果については、本文を読んでほしいのですが、この療法は水溶性の珪素と組み合わせることで、さらに大きな働きを示すことがわかってきました。
 大腿骨骨折が2週間でほぼ完治した症例や、脳梗塞で倒れ車椅子生活で口がきけなかったのに飛躍的に改善した症例もあります。
 海外からの症例報告もあり、たとえばマレーシアではニュースとしても報道されています。それは、糖尿病の合併症で完全失明した42歳の男性の話です。レーザー治療を6回受けても「眼の神経が死滅している」と医師から診断されていました。この男性は身体障害者となったのですが、水溶性の珪素を利用すると、80%まで視力が回復し、仕事に復帰して普通に生活できるまでになったといいます。私は、水溶性の珪素には神経細胞や網膜細胞を再生する働きがあるのではないかと考えています。
 今、iPS細胞(人工多能性幹細胞)が話題になっていますが、これは外部で人工的にiPS細胞を培養して移植するというものです。しかし、私たちの体内にはこのiPS細胞を上回る機能をもった幹細胞があります。私はこの幹細胞のことを内的iPS細胞と呼んでいます。
 水溶性の珪素には、この内的iPS細胞を活性化する働きがあると考えられるのです。

続きを読む

プロフィール

細井睦敬(ほそいむつたか)

名誉医学博士。クリニック細井皮膚科院長。

1946年生まれ。北海道大学法学部を卒業後パリ・ロンドンに留学。国立佐賀医科大学を卒業して福岡大学病院皮膚科入局。退職後、ジョージワシントン大学病院で研修。福岡市でクリニック細井皮膚科開業。日本珪素医療研究会副会長。