topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

あなたの起業応援します 成功80の考え方

アナタノキギョウオウエンシマスセイコウ80ノカンガエカタ

60歳からでも遅くない

小林宏至著

なぜ、あの会社はうまくいっているのか!?

著者は2003年来、「起業の鉄則塾」を毎月開催、2013年7月に百回目の節目を迎えた。本書は、これから起業を志す若い人たちばかりでなく、リタイアを迎えた世代の人たちも含め、夢と志があるなら、自らの経験やノウハウ、人脈などをフルに生かし、今から奮起して独立起業してほしいとエールを送る。

主な内容

第1章 少年の夢と志が起業の原動力
第2章 起業の心得と鉄則
第3章 事業を伸ばす鉄則
第4章 シンプルマネジメントが一番
第5章 商人道という哲学
第6章 自分の可能性を信じて
第7章 起業して悔いのない人生を

詳細な目次のページを開く

あなたの起業応援します 成功80の考え方
価格
1512円(本体1400円)
判型
四六判
頁数
192 頁
発行日
2013.10.18
ISBN
978-4-87795-271-6
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

はじめに 

 高齢者というのは65歳以上からで、前期・後期・末期(85歳以降)という年代に分けられている。
 末期というのはいただけない言葉だが、それはともかく私は今、後期(75歳)に属する。老人には違いないが、気持ちはまったく少年のままである。
 私のような高齢者は今後ますます増え続けるのではないだろうか。そんな思いからこの原稿を書いている。

 平成のバブル崩壊以降、ますます少子高齢化が進み、景気も悪いので社会全体が何となく沈滞していた。国は、起業家を増やさなければいけないということで、法人設立の簡略化など法律の改正をおこなった。
 その効果もあってかベンチャー起業がさかんになった。しかし、起業成功の確率があまりにも低く、やがてベンチャービジネスという言葉そのものが、“失敗の代名詞”のように思われるようになってしまった。
 私は、関西ニュービジネス協会の常任理事として長年こうした状況を見ていたので、常々歯がゆい思いを抱いていた。そこで私は、JR神戸駅前の自社ビル(ファースビル)に神戸インキュベーションセンターを設立した。企業の巣立ち、すなわち自立までを支援しましょうというのが設立の目的だ。
 そして2003年、私の初めての著書『起業の鉄則』を出版してしばらくしてから、「起業の鉄則塾」も開くようになった。毎月、講師を呼んでわが社の会議室でさまざまなジャンルの商売・事業について勉強会を開いてきたが、早いもので今年(2013年)7月に百回目を数えることとなった。

続きを読む

プロフィール

小林宏至(こばやしひろし)

1938年生まれ。灘中・灘校卒。大阪府立大学工学部卒業と同時に川崎航空工業(川崎重工業の前身)入社。65年、神戸大学経営学部第2課程を卒業。73年、川崎重工退社。甲南美術、甲南チケット、甲南アセットを創業。

04年、創業ベンチャー国民フォーラム奨励賞受賞。

現在、コーナンファース、甲南アセットなどグループ会社の役員。

一般社団法人・関西ニュービジネス協議会(NBK)常任理事。一般社団法人・心学明誠舎理事。