topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

60歳からはじめる寝たきり・ボケにならない体にいい歩き方

60サイカラハジメルネタキリ・ボケニナラナイカラダニイイアルキカタ

楽しむのがコツ

久郷晴彦著

歩く習慣のない人は老化が早い!

米寿を迎える著者は、40年以上風邪を引かずに過ごしている。「平均寿命」は世界のトップクラスの長寿国になった日本だが、健康な体で自立した生活ができる「健康寿命」となると覚束ない。健康長寿のために、歩くことの健康効果や60歳からの体にいい歩き方ではなく、健康現役の著者が長年続けてきた毎日「楽しく歩く」コツを紹介する。

主な内容

パートⅠ 「寝たきり長寿」から「歩ける長寿」へ
パートⅡ 60歳からの体にいい歩き方12箇条
パートⅢ 「楽しく歩く」で11の健康効果
パートⅣ 「歩く」に秘められた若々しく長生きできる4つの秘密

詳細な目次のページを開く

60歳からはじめる寝たきり・ボケにならない体にいい歩き方
価格
1296円(本体1200円)
判型
四六判
頁数
128 頁
発行日
2013.12.25
ISBN
978-4-87795-278-5
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

はじめに

☆歩くことは人間らしく生きるための基本
 私たちは世界でトップクラスの長寿国、日本で暮らしています。ところが、人生の晩年期をどのように過ごし、最期のときをどんな形で迎えられるか、不安を抱いている方は多いと思います。
 その日も元気で歩きながら過ごし、夜眠りについたまま、ピンピンコロリとこの世から旅立つことができれば、どんなにいいでしょうか。
 ところが、人生は思うに任せないものです。高齢期に寝たきりや認知症になる割合はますます高くなっています。
 寝たきりになると、いちばん辛いのは自由に歩けなくなることです。人類は四つ足から二本足で歩くことで人間としての歴史をスタートしました。ですから、歩くことは人間らしく生きるための基本的な欲望なのです。
 では、いつまでも元気で歩ける体でいるためにはどうしたらいいのでしょうか。答は簡単です。ふだんから、よく歩くこと、しかも楽しく歩くことです。

☆世界の長寿者に学ぶもうひとつの健康法
 米寿(88歳)を迎える私は、40年以上風邪を引かず元気で過ごしています。健康長寿が私の研究テーマで、健康に関した著書も多数執筆し続けています。講演依頼があれば、北海道から沖縄までどこでも伺いますが、ほとんど日帰りです。早朝家を歩いて出かけ、夜遅くになっても歩いて帰ります。その途中の移動もできるかぎり歩きます。
 私は生後4カ月で父を亡くし、母の手で育てられました。戦争中は食料不足で私自身病気になり、大切な兄と親友は戦争と結核で亡くしました。そんな少年期の体験を通して「生命とは何だろう?」「ヒトはなぜ病気になるのか?」と考えるようになりました。
 その後、薬学の研究が専門になりましたが、生命と健康に関する研究は生涯のテーマです。そのために世界各地の長寿者たちの調査をしたこともあります。そのほとんどの地域は、高山地帯や寒冷地が多く、和食から中華、洋食とさまざまな料理を楽しめる日本と比べたら、食べ物はびっくりするほど質素です。
 移動手段は、それほど交通機関が発達していないため、もっぱら歩くことです。かなり遠くにでかけるときも歩きです。高齢になっても、ほんとうによく歩きます。
 そんな生活は、文明の最先端にある私たち日本人のものと比べると、とても快適そうには見えないでしょう。それでも、いつも笑顔を絶やさず健康に暮らし、寝たきりや認知症などほとんど関係なく、ゆったりと晩年を迎えます。
 その秘密はどこにあるのでしょうか。

続きを読む

プロフィール

久郷晴彦(くごうはるひこ)

1926年岐阜県出身。1953年京都大学医学部薬学科卒業。薬学博士。現在は健康科学研究所所長。

ヘルスサイエンスドクターとして長寿地域のある10カ国以上を訪ね、生活習慣病予防や免疫に関する研究を続ける。健康機能食品の研究開発でも著名。

長年の研究成果と自ら実践する健康学を踏まえながら、講演、執筆、テレビ出演などを通して、日本人の健康向上に幅広く貢献。

健康ペンクラブ会長、特定非営利活動法人日本メディカルダイエット支援機構理事、一般社団法人ウエルネスパートナー監事。

主な著書に『最新・最強のサプリメント事典』『活性酸素に克つ』『抗酸化植物の秘密』『免疫力アップで病気を治す』『食生活の危機・食品添加物』ほか多数がある。