topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

究極のマヤの叡知「13」×「20」 パート1「銀河の音」

キュウキョクノマヤノエイチ「13」×「20」 パート1「ギンガノオト」

本当の自分に戻れば全ての問題が解決する

越川宗亮著

シンクロニシティで人生が劇的に進化する

偽りの人工時間域を抜け出し、本来の自然時間域への移行が起こり始めると、人生に変容が起こり、「本当の自分」「本来の役割」に向かい出す。結果、不思議なほど、シンクロニシティ、ミラクルが起き続け、人生の劇的進化を実感するようになると言う。細胞の隅々まで染み込んでしまった人工時間域に風穴をあけるべく、古代マヤ文明の叡知「ツォルキン暦」をひもとき、魂・覚醒の旅へいざなう。

主な内容

プロローグ 「音」で世界を聴き分け「音」で世界を観る
1 人生に多大な影響を及ぼす古代マヤ文明の叡知「ツォルキン暦」と「銀河の音」
2 「銀河の音」が秘めている能力と役割 シンクロを引き寄せるキーワード
3 13の「銀河の音」でわかる組み合わせの妙味
4 マヤ文明が21世紀の人類に伝えたいこと

詳細な目次のページを開く

究極のマヤの叡知「13」×「20」 パート1「銀河の音」
価格
2160円(本体2000円)
判型
四六判上製
頁数
256 頁
発行日
2015.10.19
ISBN
978-4-87795-325-6
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

プロローグ 「音」で世界を聴き分け「音」で世界を観る

ゾウやクジラは「観音さま」である

『観音』という字は「音」で世界を「観る」と書きます。音は振動を伴い、振動波と表現することもできます。

 ゾウやクジラは「人間の耳には決して聴こえない超低周波から超高周波までの音を聴き分けることができ、同時に発信することもできる。また発信した超音波の反響波を受信して、音で世界を観ることができる」と映画『地球交響曲(ガイアシンフォニー)』の龍村仁監督が述べています。

「『音』で世界を聴き分け、『音』で世界を観る」

 これは、この世のすべての存在は、固有の“音(振動波)”を発しているため、究極的には“音”を深く知ることで、すべてを理解できる。また世界、しいては宇宙の本質まで観ることができるということです。

 四国全体とほぼ同じ広さを有する、ケニアにあるツァボ国立公園で30年以上にわたり、動物孤児院を運営しているのが、ダフニー・シェルドリックさん。彼女は『地球交響曲』の中で「ゾウ」について数々の秘話を交えながら、自らの活動と現実問題について語っています。

 最初の秘話は、かつてツァボにいた素晴らしいメスのリーダーについてです。そのリーダーは広大なツァボを隅々まで知り尽くしていて、30年も群れを安全に導いてきたことに触れ、

「彼女(メスのリーダーゾウ)は、実は全く目が見えなかったのです」

 と、衝撃の事実を公表しています。

 この全盲のリーダーは、かすかな振動を含む微妙な領域の「音」を感じ取り、聴き分けながら道案内をしていたのでしょう。

 これこそ「『音』で世界を観る」の典型ではないでしょうか。

続きを読む

プロフィール

越川宗亮(こしかわそうすけ)

1962年、千葉県生まれ。中央大学出身。

マヤ暦、マヤの叡知を中心とした“人間学研究家”であり、“言葉のちから研究家”。学生時代、「『人間研究』こそ最高の学問」との言葉に感銘を受け、それ以来「個人の本質」「人の活かし方」をテーマに研究。企業、地方自治体など、多方面にわたる講演依頼がある。これまで、教育、医療、会社人事、結婚など幅広い分野で、マヤの叡知を用い、確実に成果を上げている。