topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

親毒 なぜこんなに生きづらいのか

オヤドクナゼコンナニイキヅライノカ

自分が何者かわからない!

kokko

もっと早く知るべきだった!

自分が何者かわからない、恋愛や結婚、人間関係がうまくいかないと悩む……この生きづらさの本当の原因は親の毒に気づかないからかも! 「この子のために」と愛情という名で子どもを支配しようとするとする親。親から植え付けられたこの「毒」によって、親から認められていない自分はダメという罪悪感にさいなまれる子。「毒」の連鎖を断ち切り、自分も子どもものびのびと自分らしくいきられるようにするためには……。

主な内容

プロローグ 生きづらさの本当の原因
1章 知らぬまに子どもの人生に植え付けられる親の毒
2章 いまでも「認められたい」自分がいますか?
3章 「親は親、子どもは子ども」という生き方
4章 親になったら「楽しい子育て」がいい!
5章 もっと子どものことをおもしろがろう!
6章 自分で自分を愛することから……
エピローグ 幸せへの近道

詳細な目次のページを開く

親毒 なぜこんなに生きづらいのか
価格
1404円(本体1300円)
判型
四六判
頁数
176 頁
発行日
2015.12.18
ISBN
978-4-87795-330-0
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

プロローグ――生きづらさの本当の原因

♥愛しいわが子に苛立つ自分がいる

 18年前、初めてわが子を抱いたとき、子どもの周囲がキラキラ光っている気がしました。そのころは天使の「て」の字も考えたことのなかった私ですが、思わず「天使が祝福に来てくれた」と思ったくらいです。親バカですが、「地球の未来を背負って立つ子を神様から預かった」と思いました。

 この子の親として、責任を持って育てなくては……と、心に誓いました。

 もしも私に魔法が使えるのなら、

「この子の未来が明るいものでありますように」

「この子が傷ついたり、悲しんだりしませんように」

「この子の生きていく世の中が明るい良いものでありますように」

と、生まれたてのわが子を抱きながら、真剣にそう願いました。

 わが家の長男は拙著『天使が我が家にいるらしい』にも書きましたが、とにかく育てにくい子でした。思いどおりにならない子育てに、イライラしたり悩んだり落ち込んだりする日々。子どもが思いどおりにならないことに苛立つこともたびたび。

 ある日、とうとう怒鳴って叱り飛ばしてしまい……大泣きしながら謝るわが子を見て我に返りました。この子が生まれたばかりのとき、この子が傷つかないように、悲しまないように、とあれほど心から願ったはずなのに。子どもが一人で自分の人生を歩めるようになるまで、ただ寄り添ってサポートするのが親の役目であるはずなのに。目の前のわが子を泣かせているのは、傷つけているのは、母である私ではないか‼

続きを読む

プロフィール

kokko(コッコ)

三児の母。夫と共に飲食店を経営しながら、2010年よりメンタルセラピストとして活動を開始。その後、ハート・カウンセラーとして、女性が幸せに生きるヒントを提供するための「家族間コミュニケーション講座」や「ランチ付きセミナー」など、生活の場に密着したさまざまなセミナー、イベントを開催。個人セッション(カウンセリング)は、新規の受付をストップするほど申し込みが多い。