topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

脳を鍛える丹田音読法

ノウヲキタエルタンデンオンドクホウ

サムライの強靱な精神力と日本語力の秘訣は丹田音読法にあった!

岡田恒良監修 松井和義著

丹田音読がもたらす驚異のパワー

「丹田音読法」を身についた丹田発声と丹田呼吸の相乗効果で基礎体温が上昇、呼吸の回数も減り精神的ストレスを解消し、若返りと健康長寿をもたらす。子どもたちには国語力の確立と強靱な精神力、天才脳をもたらす。丹田音読がもたらす驚異のパワーを紹介する。

主な内容

第1部 丹田音読法
第2部 3D音フィードバック方式
第3部 強靭な精神力と健康若返りの鍵は「腸脳」
第4部 脳と身体の潜在能力を開花させた大人から子ども達の体験事例

詳細な目次のページを開く

脳を鍛える丹田音読法
価格
1728円(本体1600円)
判型
四六判
頁数
240 頁
発行日
2016.2.21
ISBN
978-4-87795-333-1
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

プロローグ

 

2015年1月、厚生労働省が発表した認知症患者の推計値では、2025年には最大730万人、65歳以上の5人に一人がなるだろうというものです。2015年時点での65歳以上の高齢者人口は3300万人で、このうち認知症患者の推定数は、517万人です。これは高齢者人口の16パーセントにも及びます。今後、団塊の世代が年々高齢化する中で日本中に認知症患者が溢れ出す時代が来ます。

それだけではありません。現在、子どもから高齢者まで年齢を問わず、うつ病やうつ傾向を合わせると、1000万人といわれます。20〜30年後には国民の半数になる可能性を精神医療界は警告しています。しかし、過去の歴史を振り返ってみたら、これらは明らかに異常です。

認知症にしろ、うつ病にしろ戦前まではほとんど見られなかった病気です。戦後になって出現し、高度経済成長とともに急増してきました。国民の半数がかかるガンもまったく同様です。戦後に出現したこれらすべては、戦前までにはほとんどありませんでした。戦後に新たに生じたその原因さえ取り除けば解決できるはずです。

本書ではその根本原因まで示唆します。読者のあなたはここまで深刻には考えていないでしょうが、周囲を見渡せば中年期に入った方からよく聞く言葉があります。

「最近若い時と比べ、記憶力が落ちた!」

「判断力や頭の回転が少し鈍ってきた! 年かな?」

更に、シルバー世代に入ると、

「物忘れがひどくなった!」

「最近、気力が失せてきた!」

「親のようにはボケたくない!」

とよく聞きます。あなたはいかがでしょうか。

確かに、一般的に脳の機能は加齢とともに低下します。それはあなたが若い時と同じ脳の使い方をしている限り事実です。

しかし、脳の機能の使い方を変え、更に「潜在意識」や「潜在能力」を活用すれば、逆にあなたの脳力は向上します。若い時よりもはるかに多くの情報を取り込み、頭の回転も速く、創造的発想力も豊かになり、多くの仕事をこなせるようになります。

一般に人の脳は20歳を過ぎると脳細胞が死滅しだします。男性の方がそのスピードは速く、女性はゆっくりですが、それでも50歳を過ぎると、1日10万個もの神経細胞が死滅しだします。

それだけではありません。それ以上に問題なのは、脳を使わなくなることで、脳の神経細胞が眠ってしまうことの方が、よほど致命的です。

しかし、1998年、それまでの常識を根本から覆す発見が、アメリカの科学者によって発表されました。記憶中枢の海馬だけは年齢に関係なく、いくつになっても神経細胞を増やし続けることが分かったことです。

続きを読む

プロフィール

岡田恒良(おかだつねよし)

昭和30年岐阜県生まれ。岩手医科大学卒、医学博士。外科医として20年病院勤務。2010年から「名古屋醫新の会」を設立し、医療改革をめざした実践的活動を展開中。現在名古屋市中区で、なごやかクリニック院長として在宅診療や難病相談にあたっている。また治療のみならず、健康学についての啓蒙が最も重要と考えている。