topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

読むだけでスッキリわかる「あの世」とのつき合い方

ヨムダケデスッキリワカル「アノヨ」トノツキアイカタ

霊感がなくても見えない世界とつながると生きやすくなる!/世界の心霊書が教える真実!

頌桂著

心霊世界は人生にどこまで影響するのか?

霊能力もなく心霊体験もないごくふつうの地方公務員の著者が、人生の壁にぶつかりたどり着いたのが心霊書。その後、10年以上にわたり世界中の膨大な心霊書に目を通して「霊は実在する」「神もいる」と確信する。著者厳選の事例を読み解くうちに、真の幸福を得るための「あの世」とのつき合い方が学べる。

主な内容

1章 「幽霊は死者の魂の姿」ってほんとうか?
2章 日本特有の「動物霊が祟る」はほんとうか?
3章 「祟りが人生を左右する」はほんとうか?
4章 「あの世からの通信」はほんとうか?
5章 「前世・過去世がある」はほんとうか?
6章 「幸せと心霊研究が関連する」ってほんとうか?

詳細な目次のページを開く

読むだけでスッキリわかる「あの世」とのつき合い方
価格
1728円(本体1600円)
判型
四六判
頁数
288 頁
発行日
2016.11.21
ISBN
978-4-87795-343-0
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

はじめに

1 「霊は実在する!」この発見が私の人生観を変えた

 心霊についての本を著す人は、たいてい霊能者だったり(私は神からのメッセージを受け取りますとか神と会話ができますという人も最近は少なくありません)、あるいは心霊体験者だったりすることが多いようです。しかし、私に霊能力はまったくありませんし、また、幽霊を見るなどの心霊体験もスプーンを曲げるなどの超常的現象の体験もありません。それに霊能者や心霊体験者が身近にいるわけでもありません。

 そんな私が心霊現象の真偽を解明しようと心霊世界の研究に入り込んでしまったのには理由があります。かつて私は人生に疲れて非常に苦しい時期がありました。生きる希望もない苦悩の日々のなかで、どうすればそこから抜け出せられるかと自己啓発本など幅広く書物を読み広げていきました。すると、感謝だの心のあり方、あるいは意識などの言葉によく出会うようになり、さらには神や祈りや先祖供養などの言葉さえも目に付くようになりました。そうして行き着いた先が心霊書です。

 先祖霊が供養してほしいと息子さんを病気にさせている、怒りに任せた生活のなかで浮遊霊が彼に取り憑いて異常な言動をする、といった内容を記した本は、最近減少しつつありますが、これまで大量に出版されていました。

 このような心霊書を読んだ私は、「こんなことは本当なのだろうか。人間は死んだら終わりだろう。それなのに、死後も魂は消滅しないで死後の世界に移行するなどあり得るのだろうか。それに、神はいるのだろうか。神がいるのなら、私の苦しみを救ってくれるのだろうか」などと考えるようになりました。

 そもそも霊感や霊視などの超常的能力(霊能力)が本物でなければ、霊能者の発言に信ぴょう性を認めることはできません。霊的な問題は科学的な見地から解明したいものだと、欧米の翻訳書を含む膨大な心霊書をさらに読み漁っていくなかで出会ったのがスピリチュアリズムです。これを心霊主義と訳す人もいますが、「主義」という言葉を使うのは適切ではなく、心霊思想とか心霊科学と理解するのが良いようです。

 浅野和三郎氏や近藤千雄氏などのスピリチュアリズムに徹した著書をいくつも読みふけることにより、私は確信しました。

『霊は実在する! 神もいる! 人間は肉体の機能が喪失し火葬されても生き続けている! 人間の人生には、そして幸せには、霊や死後の世界が大いに関わっている!』

 これらの事実は、私にとってその後の人生を変える目から鱗の大発見でした。ここで私は生き方を見直す決心をしました。心霊学徒の誕生です。人間は息を引き取ると、美しい花が咲き乱れる死後の世界に移行し(ただし在世の生き方による)、また、人間は生まれ変わって、再び地上に誕生する。そのとき、前世の悪行や善行が影響するといったことは、まさしく真実であることがわかりました。

続きを読む

プロフィール

頌桂(しょうけい)

1959年、東京葛飾区に生まれる。1983年3月早稲田大学法学部卒業。司法試験にチャレンジするも撃沈。1986年4月に東京都内の区役所に就職。その後、1991年1月に区役所を辞めて司法試験に再チャレンジするが再度撃沈。このとき親しい知人から「人生を棒に振ったバカなヤツ」と言われる。渋谷の司法書士事務所に勤務後、1992年4月に東京都内の区役所の現業職に再就職し、4年後に事務職に移って今に至る。

このままの人生では人は真に幸せにはなれないと気づき、新たな生き方と価値観を模索。心理学や成功哲学など幅広い分野を探求するが、そのなかで心霊書に出会い、徹底して見えない世界の存在を探求する中で心霊世界の存在を確信。心霊学徒として、あくまで資料に基づいた科学的アプローチによる研究を続けている。

1993年結婚。2006年から日本心霊科学協会会員。