topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

結婚しないと言っているアナタにぜひ読んでほしい!!

ケッコンシナイトイッテイルアナタニゼヒヨンデホシイ!!

働く女子の未来はどうなる?

マダム桃美×髙橋フミアキ

結婚しない理由ではなく、結婚する理由を探す!

結婚しないキャリア女子、働く女子が増える中で、億万長者の夫と結婚し、自身も教育系の会社を経営、テレビやラジオ、新聞、雑誌に引っ張りだこのスーパーウーマンでありながら出産、仕事と結婚を両立させている。そんな彼女が、会社に縛られるキャリア女子は結婚どころではないとツッコミを入れるバツイチ、シングルファザーとして一人娘を育てた文筆家と、結婚をめぐってバトルを展開する。

主な内容

1 キャリア女子たちはどんな結婚を目指しているのか?
2 なぜ婚期が遅くなるのか?
3 なぜ親密な関係になりづらいのか?
4 なぜ男を取り逃がすのか?
5 キャリア女子が結婚までこぎつけるには?
6 億万長者と結婚した私の法則

詳細な目次のページを開く

結婚しないと言っているアナタにぜひ読んでほしい!!
価格
1404円(本体1300円)
判型
四六判
頁数
200 頁
発行日
2016.12.5
ISBN
978-4-87795-344-7
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

プロローグ ベストパートナーとの出会いはほんとにあるのか?

 

 

「ふざけないでください! 結婚しないキャリア女子、働く女子が、なんで負け組ってことになるんですか?」

 ボクは頭に血が昇ってしまった。

「何をそんなに熱くなっているんですか? もっと冷静に話し合いましょうよ。私が言いたいのは、結婚をあきらめてしまっていいのかってことなんです」

 マダム桃美さんは、あくまで冷静に話した。

 ボクの名前は高橋フミアキ。文章術や自己啓発の本を20冊近く出版している、言葉の専門家だ。

 ボクは、娘が小学生のときに離婚し、シングルファザーとして娘を育てた。その娘も、すでに大学を卒業し、ベストパートナーを見つけて結婚した。

 そんなとき、マダム桃美さんと共著で本を出版するという企画が持ち上がった。

 桃美さんは、教育系の会社を経営していて、テレビやラジオ、新聞、雑誌に頻繁に登場する有名人だ。「言葉の専門家」と「教育の専門家」がコラボしたら、素敵な本ができあがるんじゃないかということで話を進めていた。

 ところが、読者ターゲットを「キャリア女子、働く女子」にしようというところから、雲行きが怪しくなってきたのだ。春の午後、西新宿のボクのオフィスで、出版社の編集者も交えて打ち合わせを行なった。

「キャリア女子の一番の関心事って何でしょうね?」

 編集者が何気ない感じで、そんな質問をした。本のコンセプトを決める企画会議だ。

「それは、やっぱり、結婚じゃないでしょうか?」

 と桃美さん。

「仕事と結婚の両立って、できるんですかねぇ? 政府がいくら支援しても現実は難しいですからねぇ」

 とボク。

「あら、私は、ちゃんと、両立できてますよ」

続きを読む

プロフィール

マダム桃美(まだむももみ)

30代、2児の母。女性は愛も仕事も自由も手にいれた人生を謳歌できる、と信じている。

事業家の夫を持ち、自らも事業を手がけ軌道に乗せる。セレブ婚を夢見ていた20代、婚活、お見合いなどの経験多数(100回は超える)。

玉の輿婚かと思われた夫は、結婚の際に会社が潰れ、収入がゼロに。その後、夫は億万長者になる。その経験から、結婚しパートナーシップを築くことで、人生はより輝くと信じている。

自らも経営者として多くの成功者の人脈を持つ。そのなかで、幸せな結婚をしてお金持ちになる人生には成功法則がある、結婚こそ人生を成功に導くカギであるというメッセージを発信し続けている。

高橋フミアキ(たかはしふみあき)

作家&ヒプノセラピスト。1960年うまれ。広島出身。西新宿の「東京ヒプノセラピーオフィス」で、恋愛と結婚に悩む30代女子たちを豊かで幸せな人生へと導いている。髙橋のヒプノセラピーは「とにかく心がスッキリする」と大評判!ちょうど50歳になったとき、離婚した奥さん(高校時代からの仲)の突然の死にショックを受け人生のどん底を味わう。遊び三昧、旅行三昧、お酒三昧の日々を過ごすも心の空虚感は大きくなるばかり。そんなとき女優でヒプノセラピストの宮崎ますみ先生と出会い、ヒプノセラピストになる。

迷える女子たちの悩みを解決するなかで、自分の命も再生していくことを実感する。現在は15年前から開設している文章スクールとヒプノセラピーオフィスを運営。

子どもの頃からのカープファン。好きな言葉は「愛と感謝!」