topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

育てにくい子どもを楽しく伸ばす17のコツ

ソダテニクイコドモヲタノシクノバス17ノコツ

発育が悪い・言葉が遅い・学習できない 発達障害&グレーゾーンのわが子がぐーんと育つヒントがいっぱい/発達検査表(普及版)付き/5000家族以上の改善指導で実証!

鈴木昭平・永池榮吉共著

子どもを楽しく伸ばすガイドブック

発達障害や知的障害、自閉症、ダウン症などのお子さんをもつ5000以上の家族に対して改善指導を行ってきた著者(鈴木)。グレーゾーンの含め、「この子は育てにくい」と感じている親御さんに対して、「基礎能力」が身につけば、どんな子も伸びる、というメッセージを送り続けている。家庭でわが子の改善状況、成長が見えてくる「発達検査表」を紹介。家庭教育こそ子どもが育つ基地との考えのもと活動をしているスコーレ家庭教育振興協会・永池会長との対談も。

主な内容

プロローグ 「基礎能力」が身につけば、どんな子も伸びる
1 なぜ育てにくいと感じるのかQ&A24
2 家庭教育は発達検査表で始まり発達検査表で終わる
3 子どもを伸ばす主役はお母さん
4 子どもを楽しく伸ばす17のコツ――5000家族以上の改善指導でわかったこと
5 特別対談 「子どもの脳は母親の潜在意識で育つ」

詳細な目次のページを開く

育てにくい子どもを楽しく伸ばす17のコツ
価格
1512円(本体1400円)
判型
四六判
頁数
212 頁
発行日
2017.8.3
ISBN
978-4-87795-355-3
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

プロローグ 「基礎能力」が身につけば、どんな子も伸びる

ここに子どもを楽しく伸ばすガイドがある

 どんな親御さんでも、お子さんを育てるときには、期待と不安がつきものです。とくに、よそのお子さんとわが子を比べて、

「なんだか言葉が遅いような気がする」

「月齢の割に発達がゆっくりすぎるのではないか」

「他の子はスーパーやファミリーレストランでおとなしくしていられるのに、うちの子は言うことを聞いてくれない」

といったふうに気になります。

「うちの子は、なんだかよその子よりも育てにくい気がする」

と、不安が期待を上回ってしまうこともあるかもしれません。

 おおらかに子育てをしているつもりだったのに、健診で

「発達障害の疑いがある」

などと言われて、急に不安に駆られる方もいらっしゃるかもしれません。

 いずれにせよ、わが子のことで思い悩み、誰かに相談したいと考えている親御さんは、たくさんいらっしゃることと思います。私は8年間、その相談指導に当たってきていますが、直接お話しできる人数は限られています。

 そこで、「この子は育てにくい」と感じているお母さんやお父さんに、子どもを楽しく伸ばすガイドとなればと考え、本書を執筆いたしました。

育てにくい理由がはっきり見えてくる

 私はこれまで5000家族以上の改善指導に当たってきましたが、親が育てにくいと感じる子どもの様子をうかがっていると、発育が遅い、言葉が遅い、学習ができないといったことが多いのです。

 最近は、健診で発達障害や知的障害があると言われたという親御さんも増えています。

 そこで1章では、そんな親御さんからよく出てくる質問を取り上げ、私がお答えしている話をまとめました。

 子どもが伸びるには、まず親が子どもに対する不安を取り除き、子育てに対する意識を変えることが第一です。それには、1章にある設問の中で、いちばん不安を感じておられるところからお読みいただくのがいいと思います。

 なぜ育てにくいと感じているのか、どうしたら子どもを伸ばすことができるのか、はっきり見えてくることでしょう。

続きを読む

プロフィール

鈴木昭平(すずきしょうへい)

1950年茨城県北茨城市生まれ。76年3月横浜国立大学大学院経営学研究科修士課程修了。経営学修士。同年4 月より同大学大学院研究生。ジャスコを経て常磐大学職員、常磐学園短期大学学内講師、桜美林短期大学、産能短大、日本航空高校、国土交通省・住宅産業研修財団などの講師を務める。1988年より幼児教育に携わり、2008年までに30人以上の知的障がい児が劇的な改善を遂げる。その指導方法を広めるべく2009年、一般社団法人エジソン・アインシュタインスクール協会を設立。現在同協会代表。これまでに5000家族以上の相談指導を行ない、2000以上の改善指導例をもつ。

永池榮吉(ながいけえいきち)

1939年北海道生まれ。2005年教育学博士。1980年7月、21世紀における生涯学習社会の到来を予見し、スクールの語源スコーレ(ギリシャ語)にちなんで『国際スコーレ協会』を設立し、同会長に就任。同法人は1999年8月法人格を取得し、『社団法人スコーレ家庭教育振興協会』となり、2014年4月内閣総理大臣より新制度に基づく公益法人の認定を受けて『公益社団法人スコーレ家庭教育振興協会』となる。

NHK「ラジオあさいちばん」、NHKテレビ「視点・論点」に出演。学術団体(日本学際会議・日本家庭教育学会他)での講演や機関誌発表など多方面で活躍中。

公益財団法人日本ユニセフ協会顧問、一般社団法人アジア平和貢献センター評議員、日本家庭教育学会顧問、国語問題協議会評議員などを兼務。