topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

総合診療医として生きる

ソウゴウシンリョウイトシテイキル

芸術力で西洋医学と東洋医学をつなぐ

周東 寛著

健康の主役、治療の主役は患者さん

健康や病気について、患者さんに寄り添い、心身を全体的に診療する「総合診療医」を目指してきた著者。これまで患者にお伝えしてきた健康の考え方や健康長寿について整理して述べる一方、著者の医療活動のバックボーンとなっている先祖の歴史についても紹介している。

主な内容

プロローグ 高まる総合診療への期待
PartⅠ 「病気主体」ではなく「患者さん主体」の医療を目指す
PartⅡ 儒教の歴史に深くつながる医師の家系
エピローグ 「健全な身体には健全な魂が宿る」

詳細な目次のページを開く

総合診療医として生きる
価格
1620円(本体1500円)
判型
四六判
頁数
276 頁
発行日
2017.10.28
ISBN
978-4-87795-359-1
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

プロローグ 高まる総合診療への期待

健康の主役、治療の主役は患者さん自身

 ひと昔前は、医師のほうが患者さんより上で、「俺が治すのだから、病人は言われたことを素直に聞いていればいい」と考える医療従事者もいました。病人が治療法や薬の知識をもっても不安になるだけだと決めつけていたのです。しかし今は、インフォームドコンセントという考え方が浸透してきています。

 医師は治療法や薬の内容について患者さんに十分説明をし、患者さんの同意を得たうえで医療を行なうという考え方です。治療の主役はあくまで患者さん自身であり、医師をはじめとする医療従事者の仕事は傍らで手助けをする立場にあるということです。

 これは、確かに医療のあるべき姿を示していますが、患者さんの立場で考えますと、自分の主治医は自分自身であり、普段から自分の健康管理をしっかり行なう責任があるということなのです。

 いざというとき、どこの医者、どこの病院にかかるかは、患者さんにとって切実な問題です。江戸時代の儒学者で『養生訓』という衛生書を著した貝原益軒は、医者の選び方について、かなりのページを割いていますが、そのなかにこんなことが記されています。

「健康を保つためには、病気に用心するだけでなく、医者をよく選ぶことが大切だ。かけがえのない父母の体、自分の体をつまらない医者の手に託すのは危険である」

続きを読む

プロフィール

周東 寛(しゅうとうひろし)

1978年昭和大学医学部卒。1980年、昭和大学藤が丘病院呼吸器内科入局。1986年、自らの医療方針を実現するため駅ビル医院「せんげん台」を開院し、1990年に医療法人健身会を設立して理事長に就任。2003年には南越谷健身会クリニックを開院し、院長に就任。昭和大学医学部兼任講師。医学博士。

開業以来、西洋医学に東洋医学を取り入れるとともに、食事指導、運動指導や最新の検査機器を導入して予防医学にも尽力。2007年には厚生労働省認定運動施設医療法・42条施設『健康ひろば』を2施設に設立。また心身医学療法にも取り組み、トータルヘルスの実践に務めている。