まえがき 3
プロローグ 一九カ月の息子に自閉症スペクトラムの疑いが…… 18

Ⅰ 自閉症の脅威にさらされて
──異常な反応に戸惑う日々

よく耳の感染症を起こす──一歳ころまで 24
ワクチン接種後、原因不明の高熱に襲われる──一五〜一六カ月 26
泣き叫ぶのを防ぐため牛乳を飲ませるのが習慣に──一六カ月 31
うちの子は指をささない……──一七カ月ころ 35
やっと親の心配を真剣に聞いてもらえる 38
父親のアランも言葉を覚えるのが遅い子供だった 39
牛乳をやめて改善した事例も 44
自閉症について書いた本を探す 46
牛乳と乳製品を食事から取り除くと変化が……──一九〜二〇カ月 49
マイルズを出産直後五回目のワクチン接種を受ける 52
大学病院で確かに自閉症と診断される──二〇カ月ころ 54
マイルズの症状経過表 56

Ⅱ 親として自閉症ほどつらい障害はない
──確かな治療法を求めて

薬物による症状と驚くほど似ている 62
乳製品を取り除くとスティミングが減り始める 65
行動療法、言語療法、作業療法を取り入れる 68
生後二〇カ月で治療プログラムを開始 74
好転し始めた症状がある日突然に悪化 80
自閉症の子供の将来に希望を見出したい! 86

Ⅲ 食事療法で自閉症が驚くほど改善
──乳製品、グルテンを除去

自閉症には食物が影響しているのか 90
乳製品が関係していると確信 93
各地から寄せられた自閉症改善例 95
試しもしないで〝いんちき療法〟と決めつけないで 99
食事療法の可能性を見極める 101
精神作用のある薬物が自閉症に関係している? 107
脳の異常は後天的 112
反証不可能な仮説に立った主張は疑似科学 115
グルテン除去で便が正常に 118
家族の負担を軽減する必要に迫られる 121
除去食を始めると自閉症診断から四カ月でほぼ回復 126

Ⅳ 医学の常識に一石を投ずる
──「マミー!」と呼ばれる幸せ

食事療法への疑問を抱えて…… 132
自閉症に対する認識を変えた心理学者 133
リムランド博士が提唱するビタミンB6・マグネシウム補給療法 137
胃腸内での酵母菌の異常増殖と自閉症 139
「DAN! コンファレンス」のマニュアル 144
自閉症治療に取り組む医師をどう評価すればいいのか? 146
食事介入のむずかしさ 148
信頼できる医師を探す! それは親の責任 152
マイルズがはじめて私を「マミー」と呼んだ!! 155
科学と疑似科学の狭間で 160

Ⅴ 解けてきた自閉症のなぞ
──食物アレルギーや酵母菌との関係

食物で多動になる? 164
子供たちの食べ物のほとんどは乳製品や小麦粉を含むもの 168
自閉症では食物の好みが限られる 170
自閉症に関与する遺伝子の研究 174
乳製品は不適切な食品? 177
長年の体の苦痛は食物アレルギーや酵母菌異常繁殖と関係 181
食事療法で私自身の体調も改善 183

Ⅵ ついにマイルズが正常な水準に!
──全米に広がる食事療法

自閉症に対するサプリメントの可能性 190
食事療法による反応が子供によって異なるのはなぜ? 193
カンジダの増殖を防ぐだけで解決する? 197
解けそうで解けない自閉症というパズル 203
自閉症患者の血液から発見された〝ステルス・ウイルス〟 207
食事療法に取り組む親たちを支援 209
ようやく見えてきた自閉症と免疫機能の関係 211
マイルズがついに正常な水準にまで回復 216
全米の親たちからアドバイスを求められる 218
自閉症とADHDは同じ領域の障害? 222

Ⅶ 自閉症の研究が着実に進む
──治療に本当に必要なこと

自閉症児の体内にあり得ない物質が…… 228
厳格な食事療法が必要 233
三歳で自閉症と診断されたアニーは食事療法にとてもよく反応 235
ワクチンによる胃腸障害が自閉症の原因? 240
マイルズは回復したが、私の心は回復していない 244
子供の幸せをどこまで願っているのか 247
ワクチン政策への疑問 251
セクレチン効果は本物なのか? 253
セクレチン最新情報 255
マイルズが大腸内視鏡検査を受ける 262
マイルズの食べられるものが増える 265
ジョンソン・エンド・ジョンソン社が研究結果を公表 268

Ⅷ 自閉症の脅威が完全になくなる日まで
──子供の未来を守るため

母親のワクチン接種はどこまで子供に影響するのか 272
マイルズのその後──三歳半〜四歳 281
マイルズのその後──四歳半 283
マイルズのその後──愛のエピソード 287

 

エピローグ 300
謝辞 310
監修者あとがき 312