topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

天使が我が家にいるらしい

テンシガワガヤニイルラシイ

不思議で素敵なほんとの物語/大人気「天使kokko」ブログから誕生

kokko

天使と一緒に暮らすヒントがここにある!

著書と同名の大人気スピリチュアル・ブログを書籍化。迷いや不安、孤独などに占領されやすい心も、天使の存在を感じると、どんなときでも一人じゃないと気づき、前向きに生きる力が湧いてくると言う。天使と一緒にやってきた3人の子をめぐる、kokkoさん家族の、心が温かくなる天使ワールド。

主な内容

プロローグ 望めばいつでもサインを送ってくれる
第一章 天使と一緒はちびくんだ
第二章 天使の家、玄関からは入れません
第三章 ぼくは空から来たんだよ
第四章 私、はじめて人間になったの
第五章 愛ってなに?
エピローグ 今よりもっと幸せに生きるために

詳細な目次のページを開く

天使が我が家にいるらしい
価格
1404円(本体1300円)
判型
四六判
頁数
184 頁
発行日
2012.5.24
ISBN
978-4-87795-234-1
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

プロローグ  望めばいつでもサインを送ってくれる

天使と一緒にやってきた三人の子どもたち
 ブループリントって知っていますか?
 それはあなたの人生の設計図のことです。

 人は何度も生まれ変わりながら、この世に「愛」を学びにやってきます。
 生まれ変わるとき、魂の状態の私たちは自分の前世を振り返り、クリアできていなかった課題などを盛り込んだ「人生の設計図(ブループリント)」を作ります。そしてそれを神様に提出し、合格! と言われた魂が再びこの世に生を受けて生まれてくるのです。
 生まれるときはその設計図を自分の守護天使に預けて、設計図の内容はすっかり忘れてしまいます。設計図を預かった守護天使は、それを見ながらあなたを助けるために働いてくれています。
 それって本当なの? と思いますよね。
 私にも本当かどうかは実際はわかりません。ただ、今まで学んできたこと、本で読んだこと、経験したことなどから考えると、これは本当のことなのではないかと思っています。

 子どもは、親を選んで生まれてくるそうです。
 自分の作成した設計図をもとに、自分の人生の課題をクリアするのにいちばんベストな両親を選んで生まれてくるともいわれています。
 我が家の三人の子どもたちを見ていると、まさに私たち夫婦を親に選んで生まれてきてくれたことを実感します。

 母親である私は、小さいときから不思議な世界の住人でした。
 はじめて金縛りにあったのは、四歳か五歳のころだったと記憶しています。
 金縛りにあうと必ず見る夢がありました。それは、真っ赤な炎がせまってくる夢。熱いのと怖いのと、胸が締めつけられるような痛みを伴う夢。
 子ども時代、何回も何回もくり返し見ました。最近わかったのですが、これは前世で魔女狩りにあったときの記憶からくる夢だったようです。
 また他の人には見えないものが見えてしまったり、聞こえないものが聞こえてしまったりすることもよくありました。そんな子ども時代だったので、どの人になにをどこまでなら話しても大丈夫なのか、混乱することがよくありました。
 だからこそ、私は自分の子どもが不思議なことを話し始めたとき、すべてそのまま受け止めて話を聞きました。子どもたちは、誰なら話して大丈夫か、誰はダメなのかをいつも考えています。親が子どもの不思議な話を否定せずに聞いてあげることができたら、どんなに子どもたちは安心するだろう、と自分の経験から思うのです。
 その私が大人になって出会った、私の不思議な話をバカにすることなくすべて真面目に聞いてくれる男性、それが私の旦那様です。
 彼といると「本当の自分でいいんだ。大丈夫なんだ」と心から安心することができました。彼と結婚して、私は金縛りにあわなくなり、悪夢にうなされることもなくなりました。
 彼のほうは私と出会ってから、職場で幽霊を見たりするようになってしまったみたいですが……。
 こんな私たち夫婦のもとに三人の不思議な子どもたちが、天使と一緒にやってきたのです。

 どうも天使が我が家にいるらしいと、いつ、どのように気づいたのか。
 最初はそれがなんなのか、誰なのかわかりませんでした。
 でも、確実になにかがいる! とはわかっていました。だって、いつも我が家の末っ子ちびくんは遊んでいました。見えないお友達と……。
 いったいちびくんが遊んでいるのは誰なんだろう? とずっと気になっていたのが解決したのは、ちびくんが四歳の春でした。

続きを読む

プロフィール

kokko(コッコ)

三児の母。夫と共に飲食店を経営しながら、2010年よりメンタルセラピストとして活動を開始。その後、ハート・カウンセラーとして、女性が幸せに生きるヒントを提供するための「家族間コミュニケーション講座」や「ランチ付きセミナー」など、生活の場に密着したさまざまなセミナー、イベントを開催。個人セッション(カウンセリング)は、新規の受付をストップするほど申し込みが多い。