topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

ひたすらに生きよ 死んではならぬ

ヒタスラニイキヨ シンデハナラヌ

もう一人の「タケシ」南米ジャングル開拓物語

松田 猛著

“どんなことがあっても生きたい”その心の声こそ生きる道を開く

1959年、12歳のときに、親に連れられて鹿児島から南米のパラグアイに移住、以来、筆舌に尽くしがたい苦労を背負って生き抜いてきた。国からも親族からも捨てられた“日本人ではない日本人”、移民の子として生きた半生を綴る中に、どんなに難しい現実に直面しても“生きていれば何とかなる”とのメッセージをにじませる。

主な内容

1章 “日本人ではない日本人”として生きる
2章 夢に見た楽園の本当の姿
3章 蛇まで食べたジャングル生活
4章 ジャングルの家族を離れて独り立ち
5章 楽園の夢破れアルゼンチンへ
6章 突然訪れた21年ぶりの帰国

詳細な目次のページを開く

ひたすらに生きよ 死んではならぬ
価格
1512円(本体1400円)
判型
四六判
頁数
240 頁
発行日
2014.11.26
ISBN
978-4-87795-302-7
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

はじめに

 私は「移民の子」として70年近い人生を生きてきました。その始まりは1957年、12歳(小学校6年生)のときです。親に連れられて鹿児島から南米のパラグアイに移住したのです。それ以来、私は“日本人ではない日本人”として生きることを運命づけられました。

 南国の楽園を夢見て行き着いた移住地は、日本で知らされていたものとはあまりにもかけ離れていました。私たち移民は原始時代そのままの熱帯ジャングルのど真ん中に放り出されたのです。家族6人が雨露をしのぐ家もなく、4本の木に結びつけたテントが最初のわが家でした。
 持参した食糧が尽きても、いざとなればバナナなどの果実や根菜類をはじめ自然の食べ物がいっぱいで困ることはない、という日本での話はまったく嘘でした。自給自足どころではなく、到着したその日から、ジャングルの大木を伐採し、木の根を掘り起こし、畑にする作業が家族総出で始まりました。
 手作業で大木1本を倒すことがどれほど大変なことか、日本で木1本倒したことのない私たち家族はあまりに厳しい現実に直面しました。上空にある木の枝に蔓が絡まっていて、下の幹を切っても周りの木に支えられて倒れません。火を付けても、日本の木のように油気がないので燃えにくく、地面を覆う雑草もそのまま残ります。
 わずかの畑を開墾するにも、おそろしく手間がかかるのです。しかも、1日も早く畑に種を播いて作物を収穫しないと、わが家の食糧は底をついてしまいます。
 食事は日に日に粗末になっていきます。米や豆を普通に炊いていたのがおかゆになり、それも水の量が増えて、ついには食べているのか、飲んでいるのかわからなくなるほどでした。何とか精をつけなければと、牛の油をお湯で溶き塩を混ぜた汁は、あまりにもひどい味です。それでも重労働に耐えるために飲み込むしかありません。
 日本から持参した貴重なサバの缶詰を開けて、家族みんなで食べたことがあります。一人ひとり神妙な顔つきで小豆ほどのサバのかけらを舌に乗せ、噛むというより口に含みました。じわじわと口の中に味が広がると、忘れかけていた懐かしい味に疲れが吹き飛ぶようでした。
 馬鹿みたいですが、あまりに名残惜しくて、きれいに食べ終わった後の空き缶にも味が染み込んでいるかもしれないと思い、その空き缶を鍋の水の中に入れて煮込んでは味のしない白湯を皆で分けて神妙に飲みました。
 もともと虚弱体質だったうえに、子どもだった私の体には過酷すぎる労働が続き、栄養不足も加わったせいでしょう、ある日私は高熱で寝込んでしまいました。1週間経っても回復する様子がなく、床に伏せたままでした。それでも頭を冷やす以外に治療手段がないため、自分の体力と精神力で治すしかありません。
 そのとき、病でもうろうとしている私の横に猟銃が置いてあったのです。そんなに苦しいなら、その猟銃で自殺してもいいという意味だとわかりました。

続きを読む

プロフィール

松田猛(まつだたけし)

昭和19年生まれ。昭和32年、鹿児島市伊敷小学校を卒業。同年、12歳で家族とともにパラグアイ移民として南米に渡る。そこから21年にわたる移民生活が始まる。

昭和37年、パラグアイのエンカルナションにある学校に入学し、働きながらスペイン語を学ぶ。さらにジュケリ・エスクエラ(小学校)で初等教育を受け、セントロ・レ シナオル・エズカシオン(CRE)で中等教育を受ける。常に働きながら学業に励み、就いた職種は接客業、運送業、トマト栽培など。

その後、スペイン語能力を認められてパラグアイの(株)日本海外移住振興に勤務した後、パラグアイ日本領事館に事務官として勤務する。

昭和43年に家族とともにアルゼンチンへ転住し、クリーニング店経営や花栽培に従事する。昭和51年にブラジルへ転住し、ファゼンダ・サン・シリリオで農場管理者として勤務中、昭和52年にブラジル就労ビザ取得のため日本に帰国するが、そのまま日本に留まることに。

菊池プレス工業(株)に作業員として就労するが、主に南米労働者受け入れ管理業務に携わる。そのかたわら、何歳になっても人様のお役に立つ仕事がしたいと考えて昭和62年に脊椎矯正リンパ血液循環療法(勝見数美氏)に入門し、平成元年に松田療術院を開業し現在に至る。

現在、茨城県鉾田市上幡木にコスモセンター「地球家族」の開設を準備中。

スペイン語、グァラニー語(パラグアイ先住民族言語)、ポルトガル語の通訳(平成18年東京都登録)東京都防災語学ボランティアに登録。