topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

  • TOP
  • 自己啓発書
  • 自分の「うつ」を薬なしで治した脳科学医 九つの考え方

自分の「うつ」を薬なしで治した脳科学医 九つの考え方

ジブンノ「ウツ」ヲクスリナシデナオシタノウカガクイ ココノツノカンガエカタ

責めず、比べず、思い出さず

高田明和著

「言葉の力」で不安を追い払う

著者自身が長年にわたって極度のうつ状態を経験し、不安や苦しみにさいなまれてきた。さんざん苦しめられてきたうつの苦痛は、薬で癒されることはなく、「脳の機能が原因ではなく、心が苦しんでいるのだ、心のあり方が間違っていたのだ」という考え方にたどりつく。自らの「うつ体験」、そして、改善にいたる具体的な方法を詳細に語る。

主な内容

プロローグ 薬で治らない「うつ」や不安を東洋の智恵で克服する
一章 薬でもだめだった「極度のうつ」から
二章 この考え方で「うつ」から解放
三章 新しい価値観で行動して
四章 東洋の智恵から
五章 日々の心構えや工夫とともに
六章 脳科学医の私が理解した
エピローグ 「うつや過敏」は自分を救う“生存戦略”

詳細な目次のページを開く

自分の「うつ」を薬なしで治した脳科学医 九つの考え方
価格
1404円(本体1300円)
判型
四六判
頁数
160 頁
発行日
2017.7.12
ISBN
978-4-87795-354-6
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

プロローグ 薬で治らない「うつ」や不安を東洋の智恵で克服する

うつ病大国・日本の悲惨な現状

 

 近年、心を病む人が非常に多くなっています。リストラや長時間労働、あるいはパワハラなど、経済的だけでなく、心もこわれる仕打ちに苦しんでいる人がたくさんいます。子どものいじめも後を絶たず、閉塞的な空気が社会をおおっています。

 そのような状況のなかで、日本ではこの十年で、二十八万人くらいの人が自殺しているのです。

 地震や交通事故、飛行機の墜落で多くの人が死んだ場合、社会は騒然とします。そのような事故を引き起こした理由を探り、その事故を起こした人の責任を問います。

 たとえば、エレベーターの故障で一人の人が死んだときには、製造した会社の責任、メンテナンスの会社の処理などが厳しく問われ、ときに責任者が引責するのみでなく、会社が持続しなくなったりします。

 それに比べて自殺はどうでしょうか。こんなに大勢の人が亡くなっているのに、話題にもしません。それは、人々が自殺の責任は本人にあると暗黙のうちに考えているからでしょうか。それともあまりに多くて、対処できないからでしょうか。

 自殺率は先進国のなかでも日本はとても高く、その元となるうつ病の発症率も高くなっています。

 うつ病の恐ろしいところは、苦しく不安な毎日に耐えきれなくなり自殺をしてしまうことです。自殺までいかなくても、毎日心の苦しさにさいなまれ、息も絶え絶えになっている人はたくさんいます。

続きを読む

プロフィール

高田明和(たかだあきかず)

1935年、静岡県生まれ。慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了。米国ロズエル・パーク記念研究所、ニューヨーク州立大学助教授、浜松医科大学教授を経て、同大学名誉教授。医学博士。専門は生理学、血液学、脳科学。近年は、テレビ・ラジオへの出演や講演、執筆などで心と体の健康についての啓蒙活動を積極的に行っている。また、禅の分野にも造詣が深い。

おもな著書に『魂をゆさぶる禅の名言』(双葉社)『50歳からの元気な脳のつくり方』(角川ONEテーマ21)『医者がすすめるやさしい座禅』(成美文庫)『いきいき脳トレドリル』(PHP)『責めず、比べず、思い出さず』『念起こるこれ病なり 継がざるこれ薬なり』など多数。