topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

図解 αリポ酸よくばり健康法

ズカイ アルファリポサンヨクバリケンコウホウ

デトックス+美容ダイエット+アンチエイジング

大森隆史

画期的な健康素材として注目

αリポ酸は、ヨーロッパではすでに30年ほど前から医薬品として糖尿病の合併症治療などに使用されたり、欧米では一般食品成分としての利用も広がっています。日本でもようやく一般食品成分として解禁、コエンザイムQ10を超える作用に注目が一気に集まっています。

主な内容

プロローグ 本物の健康と美は体の中からはじまる
1 コエンザイムQ10を超える注目の健康素材
2 活性酸素の除去こそアンチエイジングのカギ
3 減食より代謝アップで自然なダイエットを実現
4 ずば抜けたデトックス効果で根本から体質改善

詳細な目次のページを開く

図解 αリポ酸よくばり健康法
価格
1404円(本体1300円)
判型
四六判
頁数
160 頁
発行日
2007.4.24
ISBN
978-4-87795-116-0
電子書籍のみ

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

プロローグ 本物の健康と美は体の中からはじまる

体内汚染を見逃すな!
 私は、長年の治療経験のなかで、同じような症状の患者さんに同じ治療を施しても、その効果に違いが出てくるのはなぜだろうと考えてきました。患者さんから、「同じく健康にいいと思うものを摂っているのに、あの人には効果が現われ、私には何の変化も出ないのはなぜ?」と聞かれることもありました。
 そこには、体質の違いや生活習慣の違いなど、いくつかの理由が考えられますが、私がとくに注目したのは有害物質による体内汚染です。
 じつは、私は医学の道を志す前に石油系合成化学の世界に身を置いていました。そこで、化学物質による環境汚染がかなり深刻な情況にあるだけでなく、私たちの体をじわじわ汚染していて、健康を脅かす危険性があることがわかってきました。そのことは、私が専門分野を転じて医学を目指すきっかけにもなりました。
 体内がどれくらい汚れているのか、それによってどのように健康被害が起こるのか、当初は、そうしたことを正確に伝える情報は限られていましたが、今は、かなりのレベルまで明らかになってきています。
 たとえば、有害ミネラルである水銀が体内に過剰になると中枢神経系に強い毒性を示す、鉛は腎障害や肝障害を起こしやすい、カドミウムは肝機能障害や骨軟化症を引き起こしやすい、ヒ素は神経中枢を破壊してマヒ症状を招く、といったことが認められています。

続きを読む

プロフィール

大森隆史(おおもりたかし)

東京健康クリニック総院長・内科医師

九州大学工学部大学院合成化学専攻修士課程修了。九州大学医学部卒業。病院勤務では主に呼吸器内科・神経内科・離島医療などを経験。その後、西洋医学、補完・代替療法の区別をなくした統合医療を基本に、「デトックス診療」に取り組む。デトックスをコンセプトにした「金属アレルギー外来」「広汎性発達支援外来」など幅広い診察に取り組む。この分野の第一人者。