topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

夫婦は話し方しだいで9割うまくいく

フウフハハナシカタシダイデ9ワリウマクイク

高橋愛子著

2人の気持ちがつながる話し方の法則とは

生い立ちも違い、考え方も違う、そんな2人が夫婦を続ける、その根っこを守るには、家庭をとことん甘えられる場所にすることだという。まず相手の気持ちを受け止めて、そうねと温かい言葉をかける。そこからいのちが通う会話が始まり、孤独な気持ちも辛い気持ちも吹き飛ぶ。

主な内容

パートⅠ 夫婦の絆をつくる話し方、壊す話し方
パートⅡ 話し方のパターンを変えてみる
パートⅢ いつまでも、いい夫婦でいるための話し方
パートⅣ 夫婦で子どもを伸ばす話し方のコツ

詳細な目次のページを開く

夫婦は話し方しだいで9割うまくいく
価格
1512円(本体1400円)
判型
四六判
頁数
192 頁
発行日
2012.2.29
ISBN
978-4-87795-229-7
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

はじめに

☆★☆やり直しがきく夫婦、きかない夫婦の違い
 生い立ちも違い、考え方も感じ方も違う、そんな2人が夫婦を続けるいちばんの根っこになるものとはいったい何でしょうか。
 経済力、生活力、責任感や寛容さ、相性……パートナーに願っていたことは、夫婦になってみると裏切られるほうが多いかもしれません。それでも夫婦を続けられるのは、根っこが生きているからです。
 木は、葉っぱや枝、幹が傷ついても、根っこが生きていれば再生できます。離婚の危機にある夫婦も、根っこが生きているとやり直しができます。
 その根っことは何だと思いますか。性格が合う、合わないとか、思いやりがある、ないとかいうことよりもっと奥にあるものです。それは、いのちへの思いです。
 夫として、妻としてパートナーが存在できるのは、はるか昔から代々“いのち”をつなげてきてくれた先人がいたからです。そのようないのちをもつ存在として結ばれた2人であることを無条件に認め合い、大切に思い、子どもへとつなげていきたいと願う。
 この広い世界でその気持ちを共有できるパートナーこそ夫であり妻なのです。
 そんなこと、当たり前と思いますか。でも、その気持ちこそ夫婦をつなげる根っこなのです。
 根っこの弱い木は嵐にさらされると倒れやすいように、根っこの弱い夫婦も人生の嵐に直面すると崩れやすいものです。反対に夫婦関係がどんなに難しそうでも、根っこが生きているとやり直しがききます。

続きを読む

プロフィール

高橋愛子(たかはしあいこ)

昭和13年東京生まれ。三男一女の母親。慶應義塾中等部から慶應義塾大学経済学部卒業。昭和58年に「高橋愛子家庭教育研究所」を設立。家族が笑顔を取り戻す「心の相談室」を主宰。引きこもりや家庭内暴力等にも取り組む。家庭学級、保育園、学校、各種団体、企業等で教育講師、講演者として活躍。『たけしの日本教育白書』『太田光の私が総理大臣になったら』などTV主演も多数。主な著書に『頭がいい親の上手な叱り方』(コスモ21)『甘えさせると子どもは伸びる』(PHP新書)他がある。