topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

改訂版 頭がいい親 13歳からの子育て

カイテイバン アタマガイイオヤ 13サイカラノコソダテ

この子とどう向き合ったらいいの?

木村慶子、高橋愛子共著

「子育てバイブル」最新バージョン!

思春期のお子さんを抱えて右往左往する母親の悩みが一瞬で解ける「子育てバイブル」改訂版。著者は双子の姉妹で、姉は小児科医(元慶應義塾大学教授・医学博士)、妹はカウンセラー(家庭教育研究所所長)。それぞれ異なる分野で子どもたちや親に接し、またそれぞれ三人、四人の子を育てた。これを読めば、わが子へのまなざしが変わる、対し方が変わる!

主な内容

1章 13歳からの危機に立ち向かうには
2章 これだけは知っておきたい子どもの心と体
3章 「第二の誕生」から始まる思春期こそ親のサポートが必要
4章 思春期には自立を助ける親の配慮が重要
5章 親のカウンセリング・マインドが大切
6章 これからの日本の子育て・教育の基本

詳細な目次のページを開く

改訂版 頭がいい親 13歳からの子育て
価格
1404円(本体1300円)
判型
四六判
頁数
206 頁
発行日
2015.11.10
ISBN
978-4-87795-327-0
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

はじめに

 子育てに失敗はありません。

 大切なのは、結果にばかり気をとらわれることなく、なぜそうなったのか原因を突き止めて、そこから子育てのやり直しをすることです。足りなかったところをもう一度やり直していけばいいのです。

“ケガの功名”という言葉もありますように、親も子どもも、失敗したからこそ学べることがたくさんあるのです。

 それには、「体が大きくなってくるにつれて、何を考えているのかわからなくなってしまった」と嘆く前に、思春期の子どもの心と体について、しっかりとした「知識」をもつことです。

 百人の子どもがいれば、百通りの子育てがあるのでしょうが、子どもが一人の人間として成長していく過程には共通した原則があることも見逃せません。

 子どもを思う親の愛情、そして親子の信頼関係が大切なのはいうまでもありません。それに加えて、子育てのための確かな「知識」に基づいて、よりよく子どもを導いてあげることが求められているのです。

続きを読む

プロフィール

木村慶子(きむらけいこ)

昭和13年東京生まれ。高橋愛子とは双子姉妹の姉。慶應義塾大学医学部卒業。医学博士。元慶應義塾大学教授。三女の母親。平成3年から1年間、ドイツ・ケルン大学医学部小児思春期精神神経科に客員教授として留学。現在、「子どものための心と体の予防医学センター」所長。各種医学専門誌に文献掲載多数。