topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

新装版 頭がいい人の1日10分文章術

シンソウバン アタマガイイヒトノイチニチ10フンブンショウジュツ

20個のゲームを楽しむだけで文章力アップ

高橋フミアキ著

これがゲームで身につく文章力

子どもから大人まで文章スクールで実証ずみの勉強法! 20個のゲームで「短文で書く力が身につく」「文の長さを調整する力が身につく」「文章を模倣する力が身につく」「具体的に表現する力が身につく」……。「うまく書く」より「楽しく書く」高橋メソッドを一挙公開!

主な内容

1 「短文ゲーム」文を短くするだけでスッキリ!
2 「文字数ゲーム」文の長さが調整できればプロ並み
3 「突っ込みゲーム」表現はできるだけ具体的に
4 「模倣ゲーム」他の文章をどんどん真似る
……

詳細な目次のページを開く

新装版 頭がいい人の1日10分文章術
価格
1512円(本体1400円)
判型
四六判
頁数
232 頁
発行日
2014.2.5
ISBN
978-4-87795-279-2
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

記憶中心から思考中心へ

 日本の学校教育は記憶力が中心で思考力や発想力は二の次になっていると多くの識者が指摘しています。しかし、抜本的対策は何もなされていないのが現状です。このまま記憶力重視型の人間が大量に輩出されていくと、日本はいったいどうなってしまうのでしょうか。
 僕の友人に中小企業の経営者がいます。従業員20人程度です。その社長がこんなことを言っていました。
「有名大学を卒業した人が入社してきたときは、小躍りして喜んだものですが、その人材がまったく使えないのですよ」
 その新入社員は、指示したことは忠実に実行するそうです。記憶力もよくて、専門知識やお客様の電話番号までもちゃんと覚えています。しかし、自分で考えるということが、まったくないというのです。自分の意見を言おうとせず、自発的に動くということもしません。
「会議という公の場ではまったく発言しようとしません。どうせ、自分の意見は採用されないとあきらめているのか。それとも、後ろ向きの厭世的な意見しか浮かんでこないからなのか」
 そう言って社長は嘆きます。

続きを読む

プロフィール

高橋フミアキ(たかはしふみあき)

作家&ヒプノセラピスト。宮崎ますみ先生に師事しヒプノセラピストになる。

大手広告代理店に10年間勤務したのちフリーとなり、ビジネス雑誌やグルメ雑誌などに携わる。2007年に文章スクールを立ち上げ、文章の基礎から小説の書き方まで幅広く指導。また、企業の社員研修でレポートの書き方やメール、論文の書き方、コミュニケーションなどを講義。フリーライターの育成にも尽力。メールマガジン『ポンポコ先生のライタースクール』も好評配信中。さらに、「夢のスクール」を定期的に開催し、ヒプノセラピーのグループセッションを行っている。