topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

太もも・ふくらはぎを足で踏むと不思議なほど元気になる

フトモモ・フクラハギヲアシデフムトフシギナホドゲンキニナル

お釈迦様が教えた慈悲の療法

福田雅秀著

すごい!足で踏む6大効果

足の裏を相手の体に押し当て、軽く体重をかけ押したり揉んだりする「足心健康法」。健康のためにお互いの体を足を踏んでマッサージすることから慈悲の心に通じると、お釈迦様が弟子たちに教えたのが始まりという。足を使うことで手より揉む側の負担が軽く、相手の体への負担も少ない。ほぐす側の人に足裏マッサージ効果も。

主な内容

1章 絶大効果! 足で踏む健康法
2章 誰でも簡単にできる「足心健康法」
3章 「足心健康法」6大効果
4章 もっと実践! 「足心健康法」

詳細な目次のページを開く

太もも・ふくらはぎを足で踏むと不思議なほど元気になる
価格
1404円(本体1300円)
判型
四六判
頁数
144 頁
発行日
2015.2.18
ISBN
978-4-87795-306-5
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

はじめに

 私は足を使って体を踏むことで多くの患者さんを治療してきました。
 足の裏を相手の体に押し当て、軽く体重をかけて押したり揉んだりします。私はこの健康法を「足心健康法」と呼んでいます。
 でも、すでに手で揉む健康法があるのだから、何も足を使わなくてもいいではないかと思いますか。
 マッサージや指圧といえば、手の指や手のひらを使って押したり揉みほぐしたりするものと思われています。たしかにそれでもある程度の効果は得られます。普通はしばらくするとまた元に戻りますが、マッサージはそんなものだとあきらめている人も多いでしょう。
 足心健康法のほぐしを受けたら、そのような思いは一変します。
 相手の体を足で踏むというと、昔から「足蹴にする」という言葉もあって、相手をぞんざいに扱うとか、酷い扱いをするというイメージをもたれるかもしれません。

続きを読む

プロフィール

福田雅秀(ふくだまさひで)

大阪市生まれ。日本足心療術アカデミー院長。昭和47年、百ヵ薬品株式会社(現在は株式会社マツモトキヨシに合併)の専務取締役に就任し、主に海外部門(中国・チベット)を担当。中国福建省福州市福州農学院の講師として招聘される。このとき中国寺院に伝統的に伝わる足心療術に出会い、その素晴らしさに感銘を受ける。会社を退社して中国と日本を行き来しながら6年間研鑽を積み、師範免許を取得。その後、お釈迦様の弟子たちに教えたといわれ、今もインドに民間医療として継承されている「足心健康法」の普及に努める。全国各地で「足心健康法」の実践的な指導に当たるとともに、昭和58年には日本足心療術アカデミーを設立して後進の育成に当たっている。