topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

つまずく・転ぶで寝たきりにならない体幹筋づくり

ツマズク・コロブデネタキリニナラナイタイカンキンヅクリ

1日10分健康法 お腹・骨盤・太ももの筋力を強化!!

周東 寛著

こうして人は寝たきりになる!

体の衰えが進んで、つまずいたり、転んだりすると、そのまま寝たきりになるリスクが高くなる。高齢化による「つまずく、転ぶ」対策として、1日10分で簡単にできる体幹筋づくりのための体操をイラスト解説入りで紹介。「こんな体操でいいの」と思われるくらい簡単にできるものばかり。ぜひ毎日の生活に取り入れてみてください。

主な内容

Ⅰ 姿勢の崩れが「つまずく、転ぶ」の直接原因
Ⅱ 体幹筋を鍛える「らくらく体操」
Ⅲ 猫背と股関節を改善する体操
Ⅳ 姿勢の崩れタイプ別体操
付記 転倒を防ぐ環境づくり

詳細な目次のページを開く

つまずく・転ぶで寝たきりにならない体幹筋づくり
価格
1404円(本体1300円)
判型
四六判
頁数
168 頁
発行日
2013.12.25
ISBN
978-4-87795-277-8
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

はじめに

年を取ったからとあきらめてしまうと体の劣えは加速
 まさかと思うようなところでつまずいたり、転んだりすると、年を取ったなと感じさせられるものです。筋力や骨力、平衡感覚などの衰えが進んでいるからですが、仕方ないとあきらめていませんか。
 そうなると、ついつい運動量が減少し、行動範囲も狭くなってしまいます。さらに体の衰えが進んで、つまずいたり、転んだりしやすくなり、そのまま寝たきりになるリスクも高くなります。
 高齢者の転倒のいちばんの原因は“すり足”です。足が上がらず、床や地面をするように歩くため、以前はまったく気にしなかったような段差に足を引っかけてつまずいてしまうのです。

体幹筋の衰え、姿勢の崩れがつまずく、転ぶを招く
 歩くときの動作を想像してみてください。左右の足を交互に前後させて移動しますが、このとき、両足が同時に地面に着いているわけではありません。右足が床や地面に着いていると、左足は床や地面から離れています。左足が床や地面に着いているときはその反対です。この動作を繰り返すことで歩けるわけです。
 このとき必要な力は足を動かす筋力とバランス能力です。ロボットのように足を動かせてもバランスを取れないと、体幹が不安定になり、姿勢が崩れて、足元のわずかな凸凹でもつまずいたり転びやすくなります。
 ですから、歩く動作を安定させるには体幹を安定させ、正しい姿勢を維持することがとても重要なのです。

続きを読む

プロフィール

周東 寛(しゅうとうひろし)

1978年昭和大学医学部卒。1980年、昭和大学藤が丘病院呼吸器内科入局。1986年、自らの医療方針を実現するため駅ビル医院「せんげん台」を開院し、1990年に医療法人健身会を設立して理事長に就任。2003年には南越谷健身会クリニックを開院し、院長に就任。昭和大学医学部兼任講師。医学博士。

開業以来、西洋医学に東洋医学を取り入れるとともに、食事指導、運動指導や最新の検査機器を導入して予防医学にも尽力。2007年には厚生労働省認定運動施設医療法・42条施設『健康ひろば』を2施設に設立。また心身医学療法にも取り組み、トータルヘルスの実践に務めている。