topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

60歳からはじめる寝たきりにならない超簡単筋力づくり

60サイカラハジメルネタキリニナラナイチョウカンタンキンリョクヅクリ

1日10分 楽しくできる周東式室内運動20種

周東 寛著

百歳までも歩ける筋肉をつくる運動法

30代を境に筋力が下降期に入る中高年の体で筋肉がどんな役割を果たしているのか、筋肉の増減がどうして起こるのかをわかりやすく説明。スポーツや趣味、労働のために筋肉を鍛えるというより、百歳までも歩ける体をつくるために、楽しく無理なく筋肉を鍛え、死ぬまで寝たきりにならずに歩ける筋肉をつくる、簡単・いつでも・室内でもできる20の運動法を紹介する。

主な内容

Ⅰ 「筋力の低下」が老化を加速
Ⅱ 意外に知らない六〇歳からの筋肉
Ⅲ これからでも筋力がつく超簡単運動法
Ⅳ 六〇歳から身につけたい体にいい運動習慣
Ⅴ 中高年の体の中でほんとうに起こっていること

詳細な目次のページを開く

60歳からはじめる寝たきりにならない超簡単筋力づくり
価格
1404円(本体1300円)
判型
四六判
頁数
160 頁
発行日
2012.6.4
ISBN
978-4-87795-232-7
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

はじめに

筋力の低下が老化を加速

 自分の体のことで、
「ああ、年を取ったな」
 と感じるのはどんなときですか。
 患者さんにたずねると、いろんな答えが返ってきます。

「最近、体を動かすのが億劫になった」
「膝が痛くて歩きづらい」
「腕を上げるとすぐだるくなる」
「筋肉痛が何日も取れない」
「街中の階段で子どもに追い抜かれた」
「自転車で坂を登りきれなくなった」
「腕立て伏せが二回もできなかった」

 五〇代になってもまだまだ体力があると思っていたのに、ある日、ふと体の衰えに気づいて愕然としたとか、実年齢より体力年齢のほうがずっと高いことにがっかりしたといった話もよく耳にします。
 では、体力って何だと思いますか。私たちは日常、
「体力が落ちた」
「体力に自信がない」
 などというふうに使います。
 少し専門的にいえば、体力には筋力、敏捷性、平衡性、持久力、柔軟性などの要素が含まれていて、温度調整能力や免疫力、適応能力なども含めて使うこともあります。
 ですから、
「年を取ると、どうも体力が下がって」
 というのは、そうした個々の能力が低下していることを意味していますが、私は臨床現場での体験から、とくに筋力の低下が老化を促進すると考えています。

続きを読む

プロフィール

周東 寛(しゅうとうひろし)

1978年昭和大学医学部卒。1980年、昭和大学藤が丘病院呼吸器内科入局。1986年、自らの医療方針を実現するため駅ビル医院「せんげん台」を開院し、1990年に医療法人健身会を設立して理事長に就任。2003年には南越谷健身会クリニックを開院し、院長に就任。昭和大学医学部兼任講師。医学博士。

開業以来、西洋医学に東洋医学を取り入れるとともに、食事指導、運動指導や最新の検査機器を導入して予防医学にも尽力。2007年には厚生労働省認定運動施設医療法・42条施設『健康ひろば』を2施設に設立。また心身医学療法にも取り組み、トータルヘルスの実践に務めている。