topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

常識が変わる 200歳長寿! 若返り食生活法

ジョウシキガカワル 200サイチョウジュ! ワカガエリショクセイカツホウ

岡田恒良監修 松井和義著

奇跡の健康長寿を実現する5大法則

著者が実践する食事法を実践すれば、寿命は5割延びると強調する。単に長生きするだけではなく、健康で長生きできるという。このためには、ミトコンドリアの活性化と腸内細菌のバランスをとることがカギ。さらなる長寿を実現には、永遠不滅の超極小生命体「ソマチッド」の活性化と意識覚醒が不可欠との持論を展開する。

主な内容

プロローグ―すべてが実践に基づく長寿法
第Ⅰ部 「病気知らずの食生活法」でまず150歳長寿に挑戦!
第Ⅱ部 「200歳長寿」への鍵は超極小生命体「ソマチッド」にある!

詳細な目次のページを開く

常識が変わる 200歳長寿! 若返り食生活法
価格
2160円(本体2000円)
判型
四六判
頁数
360 頁
発行日
2017.2.12
ISBN
978-4-87795-348-5
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

プロローグ―すべてが実践に基づく長寿法

 

「200歳長寿!」これが本書のメインテーマです。

 非現実なトンデモ説と一笑にふす方が多いと思います。たしかに、この3千数百年間は一般には100歳寿命という短命です。もっとも長い人でも120歳を超える人はいません。

 しかし、4000年前の人々には200歳寿命の長寿者がいました。たとえば、旧約聖書に登場するイスラエル(ユダヤ)民族の祖であるアブラハムは175歳、その息子イサクは180歳、父テラは205歳、妻サラは80歳でイサクを産みました。現代と同じ太陽暦で数えた年齢です。

 本書は、第Ⅰ部「『病気知らずの食生活法』でまず150歳長寿に挑戦!」と、第Ⅱ部「『200歳長寿』への鍵は超極小生命体『ソマチッド』にある!」の二部構成です。

寿命が5割アップする二つの鍵

 第Ⅰ部の「病気知らずの食生活法」を実践していただければ、第一ステップとして寿命は5割延びます。それもいかにも年寄りといった姿で5割寿命が延びるのではなく、若々しく健康な状態で長生きできます。これは、眠っている長寿遺伝子サーチュインのスイッチがオフの状態からオンに切り換わるからです。

 長寿遺伝子サーチュインの存在は2000年にマサチューセッツ工科大学レオナルド・ガレンテ博士によって発見、発表されました。その後、世界中で多くの学者たちが実験し、6〜7割にカロリー制限した少食の動物や生物の実験で立証され、その後も次々と、カロリー制限により寿命が飛躍的に延びることが科学的に実証されています。

続きを読む

プロフィール

岡田恒良(おかだつねよし)

昭和30年岐阜県生まれ。岩手医科大学卒、医学博士。外科医として20年病院勤務。2010年から「名古屋醫新の会」を設立し、医療改革をめざした実践的活動を展開中。現在名古屋市中区で、なごやかクリニック院長として在宅診療や難病相談にあたっている。また治療のみならず、健康学についての啓蒙が最も重要と考えている。

松井和義(まついかずよし)

昭和26年愛知県生まれ。高知大学在学中より能力開発の研究に入る。昭和62年よりトップマネージメント研究施設を開設し、経営者協会後援のもと数百社のマネージメントセミナーや人材教育を担う。平成9年より本格的な脳科学の研究と「ミミテックメソッド」プロジェクトをスタート。その後、実践脳科学提唱者として、脳と身体の潜在能力開発法を全国の主要都市で年150回以上のセミナーにて指導している。