topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

  • TOP
  • 学習
  • 60歳からの脳にいいパズルはどっち?

60歳からの脳にいいパズルはどっち?

60サイカラノノウニイイパズルハドッチ?

パズル作家が明かす/自分の脳にピッタリ合うパズルがすぐ見つかる!

北村良子著

20代の脳の回転スピードがよみがえる!

脳は体の中で一生成長可能という。ほんの少し意識を変えたり、簡単な頭のトレーニングをすることで、能力は取り戻せる。本書はパズルによる脳トレーニング本。年齢によって変化する脳への働きに合ったパズルの選び方や方法をガイドする。

主な内容

1 最新の脳研究が明かす脳の回転スピードとパズルの関係
2「脳の回転スピード」が速い人と遅い人の違いは?
3 中高年の知識のネットワークを強固にする体験型知能向きパズル
4 中高年の脳の回転スピードを上げる回転型知能向きパズル

詳細な目次のページを開く

60歳からの脳にいいパズルはどっち?
価格
1512円(本体1400円)
判型
四六判
頁数
208 頁
発行日
2017.4.21
ISBN
978-4-87795-351-5
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

はじめに――あなたの脳にいいパズルはどっち?

 誰しも年を重ねると体のあちこちに衰えを感じるものです。脳も同じで、若い頃はすぐにわかった計算問題に時間がかかるようになったり、学生時代は根気よく取り組めた問題に集中できなくなったりしてきます。

 とくに思考するスピードや、時代の流れについていく能力、何かにチャレンジする意欲、新しい能力を身につける速さは、昔の自分と重ねてみると、やはりあの頃のようにはいかないなと、実感してしまうのではないでしょうか。

 しかし、脳は体の中で一生成長できる場所です。その能力は自分次第で取り戻せるのです。それもほんの少し意識を変えたり、簡単な頭のトレーニングをすることで変わっていくのです。

 今、わずかでも自分にもできるかもしれないと感じておられるのなら、本書はきっとあなたのお役に立てるでしょう。

 やってみるか、このまま何もしないかでは、10年後、20年後には信じられないほどの差になってしまいます。

 人によって衰えている脳の働きは異なりますし、年齢によっても変化します。それに応じて、効果的な脳トレーニングの方法も違ってきます。

 パズルによる脳トレーニングも同じです。自分の脳に合ったパズルを選び、脳を活性化するのにもっともいい方法でパズルに取り組むことが大事なのです。本書は、とくに年齢によって変化する脳への働きに合ったパズルの選び方や方法をガイドします。

 読み終える頃には、きっと脳が活性化し、頭の回転スピードが上がっていることを実感できるでしょう。若い頃の頭の回転スピードを取り戻す一助となれば幸いです。

 パズル選びのポイントだけ先にお話しすると、パズルには大きく分けて「経験値を積み上げる能力を向上させるパズルA」と「処理速度を直接向上させるパズルB」の二種類があるということです。早速ですが、次のパズルに挑戦してみてください。

 Aタイプのパズルをやって脳を刺激しながらBタイプのパズルをやることが、中高年になるほど効果的なのです。そのために、自分の脳の状態に合ったパズルはどっちなのか、それによって脳を効果的に活性化するにはどうすればいいのか、本書でそれを見つけてもらえればと思います。

プロフィール

北村良子(きたむらりょうこ)

1978年生まれ。千葉県出身。帝京平成大学卒業。パズル作家。有限会社イーソフィア代表。東急のWeb限定クイズ、WEBサイトや新聞、「ロンドンハーツ」「相葉マナブ」等のTV番組、女性誌などの特集、企業のキャンペーン等に向けてパズルを作成。パズルを担当した主な著書は『脳科学で活性化! 超漢字ドリル1250』(永岡書店)、『大人のIQパズル100』(彩図社)、『60歳からのボケないための思い出しパズル』(永岡書店)、『知能開発ドリル3・4・5歳』(メイツ出版)等。