topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

  • TOP
  • 学習
  • もの忘れ、認知症にならない 漢字パズル 思い出しテスト

もの忘れ、認知症にならない 漢字パズル 思い出しテスト

モノワスレ、ニンチショウニナラナイカンジパズルオモイダシテスト

60歳からの脳トレ/楽しく挑戦全119問/あなたは何問、間違えましたか?

マジックスタジオ & ど忘れ現象を防ぐ会 著

寝不足にご用心の13章

漢字・日本語をテーマにしたパズル形式の漢字・思い出しテスト。日本語クロスワード、漢字パズル、シークワード(言葉探し)、漢字スケルトン、ナンプレ、間違い探し……。目先の変わったさまざまなパズル形式の問題が記憶力、集中力、推理力を高め、認知症予防に一役買ってくれるでしょう。

主な内容

Part1 日本語力、記憶力アップ!
クロスワードで楽しく脳活
Part2 しりとりパズルで漢字力がアップ!
漢字グルグルで楽しく脳活
Part3 二字熟語をひらめき力でパッと答える!
漢字十字パズルで楽しく脳活
……

詳細な目次のページを開く

もの忘れ、認知症にならない 漢字パズル 思い出しテスト
価格
1296円(本体1200円)
判型
四六判
頁数
160 頁
発行日
2016.6.21
ISBN
978-4-87795-339-3
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

はじめに 漢字、日本語の奥深さをパズル形式で楽しみながら思い出す

 私たち日本人は、子どもの時から国の言葉を学び親しみ、この姿勢は成人してからも、また還暦を過ぎても、小説や新聞雑誌などを通じて学び続けています。

 振り返って、日本の識字率は、数百年に渡って世界一を誇ってきました。江戸時代の幕末期において、武士はほぼ100%読み書きができ、庶民層でも男子で50%前後は読み書きができたといいます。

 同時代のイギリスでは下層庶民の場合、ロンドンでも字が読める子どもは10%に満たなかったそうです。

 日本は、漢字、ひらがな、カタカナという世界に類を見ない言語を持ち、その組み合わせで、多様な言葉・文章で自分の気持ちを相手に伝えることができます。

 ところが、パソコンや携帯電話のメールの登場で、漢字の読み書きが苦手、と言う人が若者にも増えてきています。自動変換という素晴らしい機能が、脳を休眠させてしまうのです。これは高齢者になればなるほど、怠け者の脳を怠惰に休ませ、その結果、脳の機能が低下し、「え~と、この漢字は?」と言うことになります。

 日本語、特に漢字に日々親しみ学ぶという習慣が、もの忘れ、認知症予防に効果あり、と言うことは最先端脳科学の研究でも明らかになっています。

 そこで本書では、漢字・日本語をテーマにした「思い出しテスト」シリーズの第4弾として、『漢字パズル』をお届けします。

 日本語クロスワード、漢字パズル、シークワード(言葉探し)、漢字スケルトン……、ちょっと目先を変えてナンプレ、間違い探し、といったバラエティ豊かな問題が、あなたの記憶力、集中力、推理力を高めてくれるでしょう。

 解答は各PARTのラストに記してあります。答えは、柔らかい1Bくらいのエンピツで薄く書き込みましょう。その後、消しゴムで消せば、何度でも挑戦できます。繰り返すことで、脳の働きは飛躍的に活性化します。

 楽しみながらもの忘れ現象を防ぎ、認知症予防―さあ、気になるPARTからチャレンジしましょう。

マジックスタジオ&ど忘れ現象を防ぐ会

プロフィール

ど忘れ現象を防ぐ会(どわすれげんしょうをふせぐかい)

歳を重ねるにつれ、思い出しづらくなっていく記憶や情報、知識を、どうすればスムーズに思い出せるのか、忘れっぽい脳の鈍化をどう防ぐのかを、日々ゲーム感覚で研鑽している中高年の研究会。

会員には、ライターや編集者、介護職員、会社役員、飲食店店主など、多士済々のメンバーが名を連ねている。代表者は、総合出版社の元編集総責任者の松田順三が務める。