topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

日本編 死後世界地図

ニホンヘン シゴセカイチズ

日本の一流霊能力者・哲学博士が霊界の最新情報を明かす!

秋山眞人著

いま、霊的世界を知る意味を明らかにする

霊の暮らしぶり、夢・オーラとの関係、「生まれ変わり」の本当の意味、結婚と前世の関係、幽体離脱、人生のおける霊的作用の意味、賢いお祓いの仕方……いま、霊的世界を知る意味を明らかにする。あなたの霊能度チェック表付き。

主な内容

プロローグ いま、日本で「死後世界」を知る意味
1章 「人間の世界」と「霊的世界」の関係を徹底解説
2章 これが「生まれ変わり」の本当の意味
3章 「臨死体験」や「幽体離脱」は本当に死を超えているのか?
4章 日常生活での霊との賢いつき合い方・祓い方
5章 霊を知ることは人生を知ること

詳細な目次のページを開く

日本編 死後世界地図
価格
1728円(本体1600円)
判型
四六判
頁数
240 頁
発行日
2006.12.12
ISBN
4-87795-105-9
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

いま「霊的世界」を知ることの意味とは?

 いま、日本では空前のスピリチュアル・ブームといわれていますが、その流れはここ十数年で、ぐんぐんぐんと強まっています。
 最初の大きな流れは、やはり一九九九年です。
 これは、「なぜあのとき、みんながノストラダムスの予言(と言われるもの)を信じたのだろう」ということと関わりがあります。
 僕は、ノストラダムスの予言が正しい解釈だったかどうかよりも、それを「終末の予言」とみんなが信じたということに意味がある、と思っています。
 つまり、一九九九年あたりを境に、何かが変わるという予感が普遍的にあって、それを一番正当化させてくれそうな話をそこにもってきただけだと思うのです。
 日本では、八〇年代に端を発したバブルが九〇年代に入って崩壊し、拝金主義に対して「違う!」と社会的に悟りました。
 それまでの「物」中心から、「心」への回帰が始まったのです。

続きを読む

プロフィール

秋山眞人(あきやままこと)

1960年、静岡県に生まれる。10代のころより「超能力少年」としてテレビなどに登場。静岡県警、郵政事務官、書籍編集者・編集長を経て、現在国際気能法研究所所長。日本及び世界の神話、占術、伝承、風水に精通し、企業、個人のカウンセリングもしている。『神霊界と異星人のスピリチュアルな真相』(成甲書房刊)、『願望実現のための[シンボル]超活用法』(ヒカルランド刊)、『マインドストリップ』(幻冬舎刊)など著者多数。