topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

自閉症と広汎性発達障害の生物学的治療法

ジヘイショウトコウハンセイハッタツショウガイノセイブツガクテキチリョウホウ

自閉症や発達障害に関する効果的な最新治療法についてのわかりやすいガイド

ウィリアム・ショー著

現在の研究や医学的治療法を要約した

自閉症や広汎性発達障害(PDD)の治療法に役立つ現在の研究や医学的治療法を要約したガイドブック。衝撃的な出会いと語る小児科医の向後先生は、「本書の内容を1人でも多くの小児科医に知っていただき、1人でも多くの発達障害で家族ぐるみで苦しんでいる方々の手助けができればと、切に感じています」との推薦を寄せている。

主な内容

感染症、抗生物質、ワクチンと自閉症、広汎性発達障害との関連性:選択治療
有機酸検査、酵母菌の副産物、それらと自閉症との関係
自閉症における免疫不全、食物アレルギー、免疫系の酵母菌抑制
予防接種と自閉症
自閉症の原因としての先天性代謝異常
自閉症の栄養学的治療
自閉症、注意失陥障害:ある家族の克服までの道のり
道を切り開くこと――自閉症を克服したある子どもの記録

詳細な目次のページを開く

自閉症と広汎性発達障害の生物学的治療法
価格
4104円(本体3800円)
判型
A五判
頁数
384 頁
発行日
2011.2.14
ISBN
978-4-87795-203-7
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

はじめに

『自閉症と広汎性発達障害の生物学的治療』の第1版が1998年に出版されて以来、自閉症の分野において多くの進歩が見られました。最も重要な進歩は、自閉症をもつ子どもの消化器系の機能と構造における異常性の発見で、これはロンドンのロイヤル・フリー病院(Royal Free Hospital)のアンドリュー・ウェイクフィールド博士と、メリーランド大学医学部のキャロリー・ホバス博士によって発見されました。
 ウェイクフィールドの仮説は、これらの消化器系の異常性が、はしかの予防接種による消化器官の感染病と関連しているものと考えられています。この菌が自閉症をもつ子どもの消化器系の生体検査において検出されたということも、彼の仮説を支えているといえます。
 また、自閉症をもつ子どもから、いくつかの重金属が高濃度で検出され、自閉症を引き起こされるといわれる様々な原因に対して、その重金属を取り除いた後に自閉症状も減少したことが報告されています。
 自閉症の発症率の増加は、アメリカ各州のみならず、その他の国々でも起こっていると確認されています。テッド・ページ、メアリー・コールマンやその他の研究者たちは、プリン代謝の欠陥を引き起こす遺伝病を研究していましたが、この疾患のサブグループの自閉症的症状が、単にプリンのサプリメントを与えることで克服しうるということを発見し、この実績はとても喜ばしいことです。
 第1版で紹介された、グルテン・カゼイン制限、抗真菌療法、ガンマ・グロブリン療法やセクレチンの服用などは、数千の保護者や医師の経験とスタディの両方によってその効果が確認されています。
 第1版で記したように、この本を書く目的は、生化学、免疫学、遺伝学、栄養学、微生物学の分野の情報を、自閉症、ADD(注意欠陥障害)やPDD(広汎性発達障害)に対し、このような障害をもつ子どもに接する保護者、専門家、栄養士や栄養学者、医師が導入、利用できるような形へと統合していくことです。自閉症やPDDをもつ子どもの保護者、その中には多くの医師も含まれますが、彼らがこれらの障害に関する多くの情報を提供してくれました。

続きを読む

プロフィール

ウィリアム・ショー(うぃりあむ・しょー)

ノースキャロライナ大学医学部において、生化学、人類整理学の博士号を取得。また、アメリカ臨床化学学会より、臨床化学と毒理学の認定を受けている。疾患研究センター(CDC)アトランタのスミスクレイン臨床研究所では、内分泌学、栄養生化学、毒理学、免疫学の監督を務める。ミズーリ州立大学カンザスシティ校医学部で教鞭を執る傍ら、医学部と隣接するマーシー子供病院で臨床医学、内分泌学、毒理学の所長を務め、現在はカンザス州のレネキサに拠点を置くグレート・プレインズ研究所の所長。