topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

発達障害は家庭で改善できる

ハッタツショウガイハカテイデカイゼンデキル

目が合わない 言葉の遅れ 自閉 多動 奇声 パニック 自傷

鈴木昭平・小沢隆共著

そんな「育てにくい」には必ず理由がある

親と目を合わせずコミュニケーション力はハムスター以下。奇声を上げだしたら止まらない……。一人息子の次から次へと目の前で展開される筆舌しがたい問題行動にほとほと困り果てていた毎日が、EEメソッドの出合いで一変。半年で普通学級への入学が認められるほどに改善した。その体験談とEEメソッドの具体的な取り組みを紹介する。青少年の更生に尽力する小沢氏との対談も。

主な内容

1章 奇声を上げる、会話ができない わが子との壮絶な毎日に希望の光が!
2章 わが子の確実な成長を実感! 私たちが取り組んだこと
3章 「自分でできるから構わないで」と息子に言われて「もう大丈夫」と確信!
4章 発達障害から家庭内暴力に。問題行動に命がけで向き合う
5章 子どもがどんどん変わっていくもっとも効果のある家庭での改善法

詳細な目次のページを開く

発達障害は家庭で改善できる
価格
1512円(本体1400円)
判型
四六判
頁数
210 頁
発行日
2017.4.21
ISBN
978-4-87795-350-8
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

はじめに

●どんなに発達が遅れた子でも改善できる!

 今から6年前、私たちエジソン・アインシュタインスクール(EES)協会から一人の“卒業生”が出ました。それは川崎和夫君(仮名)という、今春、中学生になる男の子です。

 彼は2010年にエジソン・アインシュタイン(EE)メソッドをスタート。私が初めて会ったときは、言葉の発達が遅い、会話ができない、呼んでもこちらを見ないなどの症状に加え、奇声を上げるなどの問題行動がありました。

 親御さんにすれば本当に痛切な思いだったことでしょう。毎日が子どもとの闘いのようで、お母さんはほとほと疲れ果てているご様子でした。

 その後、メソッドを開始。めきめき効果を上げ、半年で2年分、いやそれ以上の改善ぶりを示したのです。

 当初、医師からも、臨床心理士からも、行政からも、「特別支援学級は絶対無理。特別支援学校しかない」と言われていたそうですが、改善の結果、めでたく普通学級に入学。お友達もたくさんできて、毎日を楽しく過ごしています。

 もちろん親御さんからすれば「こういうことはまだ苦手」「ここはまだ課題」というところはあるでしょうが、それはどんなお子さんでも同じだと思います。

 今の彼にはかつて「知的発達障害」と診断された、その影はみじんも見当たりません。

 私たちEES協会には、このような奇跡の改善例が本当にたくさんあります。

 そのなかでも、彼のような重い状態からここまで改善したということは、どんなに発達が遅れても、子どもの脳を育てることは可能であることを示してくれています。

続きを読む

プロフィール

鈴木昭平(すずきしょうへい)

1950年茨城県北茨城市生まれ。76年3月横浜国立大学大学院経営学研究科修士課程修了。経営学修士。同年4 月より同大学大学院研究生。ジャスコを経て常磐大学職員、常磐学園短期大学学内講師、桜美林短期大学、産能短大、日本航空高校、国土交通省・住宅産業研修財団などの講師を務める。1988年より幼児教育に携わり、2008年までに30人以上の知的障がい児が劇的な改善を遂げる。その指導方法を広めるべく2009年、一般社団法人エジソン・アインシュタインスクール協会を設立。現在同協会代表。これまでに5000家族以上の相談指導を行ない、2000以上の改善指導例をもつ。

小沢隆(おざわたかし)

(仮)認定NPO法人日本武道総合格闘技連盟理事長、空手道禅道会主席師範、ディヤーナ国際学園名誉学園長。

1961年長野県飯田市生まれ。中学時代より空手を始め、83年頃から青少年に空手を教え始める。88年、同市に空手道場を開設、青少年健全育成活動に取り組む。99年、真の護身武道の追求と青少年の健全育成が可能な武道教育を確立のため、空手道禅道会を設立。2001年には「日本武道総合格闘技連盟」を設立。日本最大の総合格闘技団体に成長させ、海外支部も30カ国に及んでいる。08年4月、広域通信制高校「さくら国際高等学校」と提携し、自立支援施設・通信制高卒サポート校「ディヤーナ国際学園」を設立。青少年健全育成活動のための講演活動や執筆活動も行なっている。