topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

60歳からはじめる認知症にならない超簡単脳にいいこと

60サイカラハジメルニンチショウニナラナイチョウカンタンノウニイイコト

いつでも楽しくできる認知症予防6つの秘訣

周東寛著

脳にいいことをしよう!

今後日本社会全体で10人に1人の割合で発症するともいわれている認知症(厚生労働省)。本書は、認知症予防に有効な生活習慣、運動、食生活などの秘訣を、すぐ実践できるよう整理して紹介。読みながら脳を活性化できる「脳トレ・イメージングシート」付。

主な内容

Ⅰ 60歳でボケる人 80歳でもボケない人
Ⅱ 脳にいい生活習慣
Ⅲ 簡単な有酸素運動でも認知症予防はできる
Ⅳ 手の運動で脳は活性化する
Ⅴ 楽しく続けられる脳トレーニングを取り入れる
Ⅵ これが脳を元気にする食生活の基本
Ⅶ 認知症予防には転倒を防ぐことも大切

詳細な目次のページを開く

60歳からはじめる認知症にならない超簡単脳にいいこと
価格
1404円(本体1300円)
判型
四六判
頁数
160 頁
発行日
2012/12/05
ISBN
978-4-87795-247-1
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

(*は電子書籍のみです。)

立ち読み

はじめに すでに国民病ともいえる認知症も、予防することが何より大事

 超高齢社会を迎えて、誰もが願うことの1番と2番は「寝たきりになりたくない」と「ボケたくない」です。しかし、いわゆる元気なままで「ピンピンコロリ」と亡くなる人は、おそらく10人に1人もいないでしょう。
 ほとんどの人がどこかで必ず寝たきり状態になるとか、認知症になって死を迎えているのです。
 とくに認知症は、今後日本社会全体で10人に1人の割合で発症するともいわれています(厚生労働省)。
 私のクリニックでも、はじめて来院される患者さんから「最近、物忘れが目立ってきた」「認知症は大丈夫かな」と不安がる声をよく耳にします。

続きを読む

プロフィール

周東 寛(しゅうとうひろし)

1978年昭和大学医学部卒。1980年、昭和大学藤が丘病院呼吸器内科入局。1986年、自らの医療方針を実現するため駅ビル医院「せんげん台」を開院し、1990年に医療法人健身会を設立して理事長に就任。2003年には南越谷健身会クリニックを開院し、院長に就任。昭和大学医学部兼任講師。医学博士。

開業以来、西洋医学に東洋医学を取り入れるとともに、食事指導、運動指導や最新の検査機器を導入して予防医学にも尽力。2007年には厚生労働省認定運動施設医療法・42条施設『健康ひろば』を2施設に設立。また心身医学療法にも取り組み、トータルヘルスの実践に務めている。