topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

  • TOP
  • 学習
  • もの忘れ、認知症にならない ちょっと手強い 漢字 思い出しテスト

もの忘れ、認知症にならない ちょっと手強い 漢字 思い出しテスト

モノワスレ、ニンチショウニナラナイチョットテゴワイカンジオモイダシテスト

60歳からの脳トレ/楽しみながら全942問/あなたは何問、解けるでしょうか?

ど忘れ現象を防ぐ会 編

奥深い日本語の世界を堪能する!

大好評! もの忘れ、認知症にならない漢字シリーズ。難易度もあがり、少々てこずるかもしれません。ことわざ・慣用句、一字から四字熟語、座右の銘にしたい日本語など、ノートなどに書き取って何度も挑戦してみてください。あきらめず、楽しみながら挑戦することで、脳を若返らせましょう。

主な内容

第1章 よく見聞きするけど、どんな言葉か? ちょっと手強い 【ことわざ・慣用句】
第2章 楽しみながら読み書きしましょう! ちょっと手強い 【一字〜三字熟語】
第3章 読めて当然と思っていたのに! ちょっと手強い 【四字熟語】 読めますか?
第4章 書けて当然と思っていたのに! ちょっと手強い 【四字熟語】 書けますか?
第5章 考える力、記憶する力が強化される! ちょっと手強い 奥深さを学ぶ 座右の銘にしたい 【日本語】

詳細な目次のページを開く

もの忘れ、認知症にならない ちょっと手強い 漢字 思い出しテスト
価格
1296円(本体1200円)
判型
四六判
頁数
160 頁
発行日
2016.6.21
ISBN
978-4-87795-338-6
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

読み書きを楽しみながら、脳を活性化させよう────はじめに

 長寿社会が達成された今、盛んに健康寿命が言われています。長く生きるだけでなく、できるだけ長く自分の力で歩ける、身の回りのことができることが重要です。体だけでなく、頭のほうもしっかりしていたいものです。

 いつまでも若々しい人は、好奇心が旺盛とも言われています。身の回りのことに興味を抱き、新しいことを面白がる人は、知らず知らずのうちに脳が活性化しているのです。とはいえ、年齢を重ねるにつれて、いろいろなところが衰えてくるのは自然の摂理です。

 忘れっぽくなった、言葉がとっさに出てこないなどは、誰にも起こりうる現実です。そのことに悲観していても仕方がありません。

「あの人と比較してどうして? いつから?」と自問するより、「昨日の自分に比べてできるようになった、明日はもっと未来に向かって」と前向きな姿勢でいることのほうが、よほど若さを長く保つことができます。

 本書を手にとったあなた、答えはノートなどに書き取ってください。頭の中で何となく〈書ける・読める〉と思っていても、実際に書いてみると、あれっ、点があったかなとか、棒は二本だったっけ、など、いろいろな疑問が湧いてきます。それが脳にはいいのです。

 また、書くことは記憶の定着にも役立ちます。ペンの握り方や動かし方のバランスも要求される行為です。

 しっかりした字を書いて、自己採点をしてください。本書で取り上げた言葉は、難易度としては低いものではありません。最初はあまり良い成績がとれないかもしれませんが、がっかりしないで、再度挑戦してみてください。一回目より二回目のほうが成績は上がっていることでしょう。

 未来の自分を信じて、楽しみながら脳を若返らせていきましょう。

ど忘れ現象を防ぐ会

プロフィール

ど忘れ現象を防ぐ会(どわすれげんしょうをふせぐかい)

歳を重ねるにつれ、思い出しづらくなっていく記憶や情報、知識を、どうすればスムーズに思い出せるのか、忘れっぽい脳の鈍化をどう防ぐのかを、日々ゲーム感覚で研鑽している中高年の研究会。

会員には、ライターや編集者、介護職員、会社役員、飲食店店主など、多士済々のメンバーが名を連ねている。代表者は、総合出版社の元編集総責任者の松田順三が務める。