topbanner

コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

60歳からの筋力づくり 体にホントにいいのはどっち?

60サイカラノキンリョクヅクリ カラダニホントニイイノハドッチ?

筋力低下が老化を加速!

周東 寛著

医療現場でわかった「中高年の筋肉」への誤解

「人生80年、90年は当たり前」と言われますが、健康であってこその長寿です。そのためにも、体の衰えをいちばん感じる筋力づくりは欠かせません。幸い、筋力は何歳になっても鍛えられると言います。本書では中高年の体、とくに筋肉について設問形式で解説するとともに、思い立ったら吉日、本書を手にした瞬間から自宅で簡単に始められる筋力づくりの運動や体操を紹介している。

主な内容

PartⅠ 50代を境に筋力づくりの常識は変わる!
PartⅡ 図解 すぐ実践できる60歳からの体にいい運動・体操

詳細な目次のページを開く

60歳からの筋力づくり 体にホントにいいのはどっち?
価格
1512円(本体1400円)
判型
四六判
頁数
224 頁
発行日
2017.1.12
ISBN
978-4-87795-346-1
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

はじめに

 

 平成27年の厚生労働省の統計では、日本人の平均寿命は、男性が80・79歳、女性は87・05歳。もはや「人生80年、90年は当たり前」という時代になりました。しかし、健康あってこその長寿です。

 ところが、多くの人が自分の健康について考えはじめるのは、体の衰えが気になりはじめてからです。

「最近、疲れがとれない」

「つまずきやすくなった」

「小さい文字が読みづらくなった」

「階段の上り下りがしんどくなった」

「肩が思うように上がらない」

など、具体的な不調が出てはじめて、「このままでいいのだろうか?」と思うのです。

とくに、急速に筋力が衰えはじめ、周囲からもさまざまな病気や体調不良の話を耳にするようになると、自身の老化が気になりだすケースが多いようです。

 

 もちろん、このままでいいわけがありません。

「老化で体が衰えるのは仕方ない」

とあきらめる必要はないのです。体の衰えを感じるいちばんは、筋力の衰えだからです。

続きを読む

プロフィール

周東 寛(しゅうとうひろし)

1978年昭和大学医学部卒。1980年、昭和大学藤が丘病院呼吸器内科入局。1986年、自らの医療方針を実現するため駅ビル医院「せんげん台」を開院し、1990年に医療法人健身会を設立して理事長に就任。2003年には南越谷健身会クリニックを開院し、院長に就任。昭和大学医学部兼任講師。医学博士。

開業以来、西洋医学に東洋医学を取り入れるとともに、食事指導、運動指導や最新の検査機器を導入して予防医学にも尽力。2007年には厚生労働省認定運動施設医療法・42条施設『健康ひろば』を2施設に設立。また心身医学療法にも取り組み、トータルヘルスの実践に務めている。